Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
お知らせ
■ 燃料電池・燃料電池自動車 関連の調査レポートの御紹介
2014年11月25日
NEW

2014年11月18日、トヨタ自動車が、新型燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の記者発表会を行った。 価格は約700万円だが、国の補助金202万円によって、実質購入金額は約500万となる予定だ。 燃料電池車は、水素と酸素を化学反応させて電気をつくる燃料電池を動力源とする。化石燃料を使わずにさまざまな原料から作ることができる水素だが、開設を予定されている水素ステーションは首都圏と愛知県を中心に40カ所程度である。 この記者発表の翌日、川崎重工が水素を液化する国産初のシステムを開発し、実証プラントを公表した。 燃料電池車の市場は、限定的な市場での導入から初まるものの、国の補助金やオリンピック需要での導入等を活用しての規模拡大に向けて、急速に動き出している。

世界中がこの技術に注目し、複数の調査会社がレポートを出版しています。 御参照ください。 また、ポイントを絞ったテーマについては委託調査が有効です。 どうぞご相談くださませ。


(株式会社データリソース、03-3582-2531、office@dri.co.jp)

『“クルマ×最先端技術”による変革(イノベーション)&未来社会の可視化/自動車業界の未来予測≪2014‐2034≫ - 未来絵 編 -

(日本語調査報告書、ESP総研、2014年11月、本体価格:95,000円)


燃料電池年鑑 2014年:世界の定置用燃料電池、ポータブル燃料電池、輸送用燃料電池の市場展開

(ナビガントリサーチ、2014年10月、US$ 4,400)


2014年版 自動車の技術革新における部品の変化と将来分析(日本語調査報告書、総合技研、2014年9月、本体価格:92,000円)


世界の分散型発電の展開予測:太陽光発電、小型風力発電、燃料電池、天然ガス発電装置、ディーゼル発電装置の国および技術別容量と収益 2014-2023年

(ナビガントリサーチ、2014年8月、US$ 6,500)


世界のメタノールの需要、生産能力、価格 - 中国が引き続き市場を支配

(グローバルデータ、2014年8月、US$ 3,000)


世界の中型車両と大型車両市場予測 2014-2035年:中型と大型ハイブリッド電動車両、プラグインハイブリッド電動車両、電池式電動車両、天然ガス車、プロパンオートガス車、燃料電池車、従来型車両 (Transportation Forecastシリーズ)

(ナビガントリサーチ、2014年6月、US$ 6,500)


水素電池と燃料電池 2015-2025年: 予測、技術、市場

(IDTechEx社、2014年6月、US$ 3,995)


世界の軽量自動車市場予測: 軽量ストップスタート車、ハイブリッド電気自動車、プラグインハイブリッド電気自動車、電池式自動車、天然ガス車、燃料ガス車、従来型自動車 (Transportation Forecastシリーズ)

(ナビガントリサーチ、2014年5月、US$ 6,500)


2014年版 自動車における新技術の現状と将来予測

(日本語調査報告書、総合技研、2014年4月、本体価格:48,000円)


燃料電池市場調査:2020年までの市場展望

(RNCOS、2014年3月、US$ 1,600)


世界の定置型燃料電池市場の分析と予測: プライム出力、大型コジェネレーション (CHP)、家庭向けコジェネレーション (CHP)、UPS

(ナビガントリサーチ、2014年3月、US$ 4,400)


2014年版 定置用蓄電池/蓄電システムの市場動向調査

(日本語調査報告書、シード・プランニング、2014年3月、本体価格:160,000円)


2014年版 次世代エコカーと関連部品の現状と将来性

(日本語調査報告書、総合技研、2014年2月、本体価格:92,000円)


世界の工業向けコジェネレーション (CHP) 市場の分析と予測:産業用途でのコジェネレーション向け燃料電池、エンジン、タービン技術

(ナビガントリサーチ、2014年2月、US$ 4,400)


2014年版 2025年における自動車産業予測

(日本語調査報告書、総合技研、2014年1月、本体価格:98,000円)


エネルギーセクター向け複合材料市場予測 2014-2024年:風力発電、石油・ガス、燃料電池、高圧容器関連企業の今後

(ヴィジョンゲイン社、2014年1月、、 1,799)

■ 太陽光発電の調査を専門に行う米国のSolarbuzz (ソーラーバズ)の調査レポートの取り扱いを開始しました。
2012年10月25日

Solarbuzz (ソーラーバズ)は、太陽光発電の調査を専門に行う米国の調査会社です。

創業は2001年、現在はディスプレイサーチと同様にNPD Groupの傘下で、世界の太陽光発電(太陽電池)市場と技術の広範かつ詳細な調査・分析を行っています。


Solarbuzz

■ データリソース、英国のエネルギー専門調査会社のNRG (エナジー)エキスパート社と提携開始
2011年11月21日

エナジーエキスパートは、NRG Smartsのエネルギー市場専門のブランドとして、従来のエネルギー技術からクリーン技術調査まで、幅広い調査を行っています。


※ 下記価格は、全てシングルユーザライセンスの電子媒体価格です。

調査レポートタイトル 価格
(英ポンド)
出版時期
再生可能エネルギー - Renewables
世界の地熱エネルギー調査 2011年 (第1版)
Geothermal Report Ed 1 - 2011
1050 9/2011
世界の水力エネルギー調査 2011年 (第1版)
Global Hydro Power Report Ed 1 - 2011
1050 9/2011
世界の風力エネルギー調査 2011年 (第1版)
Wind Energy Report Ed 1 - 2011
1950 9/2011
再生不能エネルギー - Non-Renewables
世界のシェールガス調査 2011年 (第1版)
Shale Gas Report Ed 1 - 2011
650 9/2011
世界の原子力エネルギー調査 2011年 (第1版)
Global Nuclear Energy Report Ed 1 - 2011
1050 9/2011
世界のオイルサンド調査 2011年 (第1版)
Oil Sands Report Ed 1 - 2011
650 9/2011
エネルギー設備 - Energy Infrastructure
世界のエネルギーセキュリティ調査 2011年 (第1版)
Energy Security Ed 1 - 2011
995 10/2011
世界の世界のスマートグリッド調査 2011年 (第1版)
Global Smart Grid Report Ed 1 - 2011
1600 9/2011
世界のエネルギー貯葬イ査 2011年 (第1版)
Energy Storage Report Ed 1 - 2011
950 9/2011
世界のユーティリティメータとスマートグリッド調査 2011年 (第1版)[データベース付]
Global Deployments of Utility Meters & Smart Grid Developments Report & Database Ed 1, 2011
4995 9/2011

↑ TOP

クリーン技術 - Clean Technology
世界の石炭と石炭液化 (クリーンコール)調査 2011年 (第1版)
Coal and Clean Coal Report Ed 1 - 2011
1050 9/2011

再生可能エネルギー再生不能エネルギー| エネルギー供給とユーティリティ企業|
エネルギー設備クリーン技術|水と脱塩 |

■ Smart City, Smart Meter, Smart Grid, Smart... スマートグリッド系最新レポートの御案内
2014年11月24日

■ スマートグリッド 関連調査レポート


スマートグリッドとは、大規模発電(火力や原子力など)や分散型発電(風力や太陽光、燃料電池など)をはじめとする電力の供給側と、一般家庭や工場、商用ビルなど電力の需要側との間における次世代の電力ネットワークです。 従来の電力需給情報だけでなく、ICT(情報通信技術)を利用して電力に関連する様々な情報の伝達、制御、管理などを可能にする仕組みです。

世界の先進技術、事例、投資規模予測などに関して調査レポートが出版されておりますので、一部御紹介いたします。 また、ポイントを絞ったテーマについては委託調査が有効です。お見積りは無料ですので、どうぞご相談ください。

(株式会社データリソース、03-3582-2531、office@dri.co.jp)


電力自由化時代のOpenADR2.0の全貌 2015

(日本語調査報告書、インプレス総合研究所、2014年10月、本体価格:85,000円)


【マーケットデータ】公益企業とスマートグリッド

(ABIリサーチ、2014年10月、価格はお問合せください)


世界のスマートグリッド貯窓Z術市場 2014-2018年

(TechNavio/インフィニティリサーチ社、2014年10月、US$ 2,500)


世界のスマートグリッド通信市場 2014-2018年

(TechNavio/インフィニティリサーチ社、2014年9月、US$ 2,500)


世界のスマートインフラ:主な発展はスマートグリッドとM2Mに

(BuddeComm、2014年9月、US$ 1,200)


電力・エネルギービジネス総覧

(日本語調査報告書、日経BP社、2014年8月、本体価格:200,000円)


世界のスマートメータの市場分析と予測:スマート電気メータ、高度計量インフラ(AMI) 、メータ通信

(ナビガントリサーチ、2014年8月、US$ 4,400)


世界のスマートグリッド技術の市場分析と予測:送電機能の向上、変電所自動化、配電自動化、スマートグリッドITと通信ネットワーキング、スマートメータSmart Grid Technologies

(ナビガントリサーチ、2014年8月、US$ 4,400)


南北アメリカのスマートグリッド市場 2014-2018年

(TechNavio/インフィニティリサーチ社、2014年8月、US$ 2,500)


世界のスマートグリッドサイバーセキュリティ市場 2014-2018年

(TechNavio/インフィニティリサーチ社、2014年8月、US$ 2,500)


スマートグリッドのM2M接続とサービス 2014年(年1回出版):世界と地域毎の市場規模と市場予測

(インフォネティクスリサーチ社、2014年8月、価格はお問合せください)


スマートグリッド向けセンサ市場 2014-2021年

(ナノマーケット社、2014年8月、US$ 3,295)


世界のスマートグリッド用遠隔端末装置 (RTU) 市場 2014-2018年

(TechNavio/インフィニティリサーチ社、2014年7月、US$ 2,500)


世界の送配電市場調査 (第4版):レポートとデータベース

(NRGエキスパート、2014年7月、、 4,995)


スマートメータ

(イダテ社、2014年7月、Eur 1,250)


サービスとしてのスマートグリッド (SGaaS): 家庭内エネルギー管理、AMI、配電自動化通信と変電所自動化通信、変電所アセット監視、需要応答、ITシステムと解析の管理サービス

(ナビガントリサーチ、2014年5月、US$ 4,400)


世界のスマート水道ネットワーク市場 2014-2018年

(TechNavio/インフィニティリサーチ社、2014年4月、US$ 2,500)


自動車メーカの新たな収益源:プラグイン電気自動車の採用と持続可能な交通機関 - V2G、V2B、家庭内エネルギー管理、ソーラーエネルギー、EV充電、カーシェアリング、スマートパーキングサービス

(ナビガントリサーチ、2014年3月、US$ 4,400)


世界のスマートシティ通信ネットワーク市場の分析と予測:スマートエネルギー、スマート交通、スマート水道、スマートビル、スマート政府向けファイバー、セルラー、Wi-Fi、RFメッシュ、電力線通信 (PLC) ネットワーク

(ナビガントリサーチ、2014年3月、US$ 4,400)


スマートメータ:モバイルネットワーク事業者の将来性と課題、公益事業者のケーススタディ(アナリシスメイソン、2014年3月、US$ 2,499)


スマートホームのエコシステムとモノのインターネット (IoT) 2014-2018年:戦略と予測(ジュニパーリサーチ社、2014年2月、、 1,750)


北米と南米におけるスマートグリッド市場:2020年までの重要動向、法規制、最新市場展望、主要装置市場規模(グローバルデータ、2014年1月、US$ 3,995)


台頭する新世代のスマートグリッドと新国際標準 2014 (日本語調査報告書、インプレス総合研究所、2014年1月、本体価格:140,000円)


【分析レポート:法規制】中国のスマートグリッド:多額の投資の世界への影響を概観(ABIリサーチ、2013年12月、価格はお問合せください)


スマート水道ネットワーク市場の分析と予測:スマート水道メーター、通信インフラ、ネットワーク監視、自動化技術、データ管理と解析(ナビガントリサーチ、2013年12月、US$ 4,200)


M2M市場調査 2013-2018年:テレマティクス、POS、モバイル医療、計測、建物(ジュニパーリサーチ社、2013年11月、、 1,750)


スマートメータ向け無線通信モジュール 2013年:市場分析と2020年までの予測(グローバルデータ、2013年11月、US$ 3,995)


公益事業セクタにおけるM2M通信 2012-2022年(Machina Research、2013年10月、価格はお問合せください)

■ エネルギーハーベスティング・コンソーシアムの設立
2010年05月24日

【概要】

エネルギーハーベスティング技術とは、周りの環境からエネルギーを収穫(ハーベスト)して、電力に変換する技術のことで、別名「環境発電技術」と呼ばれています。欧米では活発な研究開発・実証が行われ、蓄電技術や無線技術等と統合した完成度の高い製品が多数、市販されています。ところが、我が国においては、個別企業が優れた要素技術を有しているにも係わらず、その商品化・実用化に向けた動きは必ずしも活発ではありません。
当コンソーシアムでは、欧米における最新の取組みをフォローアップするとともに、様々な強みを有する我が国企業の力を結集して、エネルギーハーベスティング技術の早期のビジネス化を目指します。

【経緯】

熱・振動・電磁波など様々な形態で環境中に存在するエネルギーを電力に変換するエネルギーハーベスティング技術は、充電・取り替え・燃料補給なしで長期間エネルギー供給が可能な電源として、「いつでも、どこでも、誰でも、何でも」ネットワークにつながるユビキタスネット社会や、モノのインターネット(Internet of things)の実現に必須の技術です。

単に発電方法がクリーンなだけでなく、低炭素社会の実現に向けて、スマートグリッドや物流管理をはじめとする各種環境情報の計測・可視化や省エネ制御のための環境埋め込み型センサーネットの電源への適用が期待されています。さらに、自動車の安全性や燃費向上のためのタイヤ空気圧センサー(TPMS:Tire Pressure Monitoring System)用電源、ウェアラブル機器の電源、心臓ペースメーカ等の人体埋め込み機器やコンタクトレンズ型センサーの電源など、安心・安全な社会の実現に向けて様々な応用展開が考えられている画期的な技術です。

このように大きなポテンシャルを持つエネルギーハーベスティング技術ですが、我が国における事業化の取り組みは、欧米に比べて10年遅れている状況です。欧米では、様々な政策的支援にも支えられて、完成度の高い製品を開発・販売するベンチャー企業が数多くあり、企業間の連携や標準化の動き、我が国への製品の流入も始まっています。それに対して、我が国では、今まで、研究開発に取り組む大学や企業も少なく、発電デバイスのプロトタイプが若干発表される程度でした。

しかしながら、腕時計に代表されるように、本来は我が国製造業が得意とするものづくり技術分野であり、今後の世界的な市場拡大に向けて、グローバルな展開も期待できます。
そこで、個別要素技術ではポテンシャルを有している我が国のエネルギーハーベスティング技術を国際的に競争力のあるビジネスとするために、関係企業を中心とした情報共有、共同活動の推進等を行うプラットフォームとして当コンソーシアムを発足しました。

当コンソーシアムは、具体的な活動として、欧米における最先端情報の収集・分析、コンソーシアムメンバー間の連携によるパイロットプロジェクトの創出、市場創造に向けた政策提言や情報発信、国内外の優れた技術を有する企業との連携、標準化の検討等を想定しています。

初年度においては、関連最新情報の収集・分析、メンバー間の情報交流、市場創造に向けた情報発信を中心に活動を展開することとし、広く参加企業を募ります。

【エネルギーハーベスティングコンソーシアム参加会社一覧】(2010年5月14日時点)

アダマンド工業株式会社
シチズン時計株式会社
株式会社豊田中央研究所
日本電気株式会社
パナソニック エレクトロニックデバイス株式会社
株式会社富士通研究所
富士フイルム株式会社
ブラザー工業株式会社
株式会社村田製作所
株式会社 山武
ルネサス エレクトロニクス株式会社
ローム株式会社
(以上、50音順)
株式会社NTTデータ経営研究所(事務局)

【活動期間】

初年度:2010年5月〜2011年3月


情報源: WBB 最新情報 竹内 敬治

______株式会社NTTデータ経営研究所 プレスリリース

http://www.keieiken.co.jp/aboutus/newsrelease/100521/index.html

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.