Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ロシアの政策支援の動き:TERMIONA社の熱電素子大量生産プロジェクトに約16億円助成
2010年11月22日

エネルギー・ハーベスティングに関する政策支援が盛んになっています。 欧米では昔から政策支援が活発に行われていましたが、最近は、中国、インド、シンガポールなどアジア諸国でも政策的な支援が行われています。 今回は、ロシアの動きを紹介します。

ロシアでは、ナノテクノロジー商用化開発を支援する非営利の国有企業Russian Corporation of Nanotechnologies (Rusnano)が、2007年に設立されました。 このRusnanoが、TERMIONA社の熱電素子大量生産プロジェクトに、6億ルーブル(約16億円)の資金を提供します。

TERMIONAは、2004年に設立された新興企業で、CERATOMと称する熱電素子の製造技術を持っています。 セラミック薄膜を使用しないので、曲げや振動に強いというのが売りです。

TERMIONAは、2014年までに、年間100万ユニットの生産能力にする計画で、プロジェクト全体の投資額は17億ルーブル(約46億円)です。 もともと、ロシアは旧ソ連時代から熱電技術が進んでいました。 ドイツのMicropeltや米国のNextremeとの競争になるでしょうか。

情報源: WBB 最新情報 NTTデータ経営研 シニアスペシャリスト 竹内 敬治
http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/170183035.html


参考情報:
RUSNANOTERMIONA Agreement to Put Russian Breakthrough Technology CERATOM to Work
(2010年11月2日、Nanotechnology Now)

関連記事:

インド内閣、エネルギー・ハーベスティング材料開発などを進める産官学連携センターNCMMの設立を承認[2010/11/07 16:56]
シンガポールの産学官連携IC設計センターVIRTUSはエネルギー・ハーベスティングにフォーカス[2010/10/31 20:40]
中国がモノのインターネット(IoT: Internet of Things)の国際標準化に参入[2010/06/20 19:34]
モノのインターネット(IoT:Internet of Things)の電源としてエネルギー・ハーベスティング市場は拡大していく[2009/11/01 21:00]


一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.