Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
再生可能エネルギー発電のナノ技術に関する調査報告書が、ABI Research 社より刊行
2011年01月12日

グリーン・ナノテクノロジーの発展や、ナノテクノロジーを組み込んだクリーンなエネルギー効率化アプリケーションの新しい市場が誕生しつつある。太陽光からナノクリスタルによって発電する太陽光発電などの、高度に環境効率の良い発電方式や、ポリマー・ナノスフィアを利用して有害な物質を除去する浄水システムなどの新世代環境技術は、エネルギー企業や石油会社にとって大きなビジネスチャンスである。

ABI 社の新刊レポートは、太陽光発電、風力発電、燃料電池の市場を調査している。

*太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー発電への世界の投資、

*太陽電池や風力タービン、タービンブレードの製造にナノ素材を利用するとどのような削減が図れるかの可能性を予測、

*グリッドに組み込まれた太陽光発電量、太陽光発電への世界の投資額、

*世界の太陽電池出荷数、ナノ技術を利用した場合の太陽光発電による削減の可能性、

*世界の風力発電投資、タービンの出荷数、グリッドにくみ込まれた風力発電、ナノ技術を利用した場合の風力発電による削減の可能性、

*燃料電池の出荷数などを、

2010-2015年の予測期間で、年間と累積ベースで、世界の主要地域毎に予測している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abignano10.htm


Nanotechnologies Cut the Cost of Green Energy, Says ABI Research

NEW YORK - January 7, 2011
World investment in renewable energy will top $2 trillion on a cumulative basis from 2010 through 2015, driven by growth in Asia, North America and Europe as these regions lead in their efforts to increase production of energy from renewable sources. Were the companies building these generating plants to utilize existing, commercially available nanotechnologies, ABI Research estimates, over the same five-year period green power producers in the solar and wind markets could save nearly $300 billion in capital expenditure.

For example, says research director Larry Fisher of NextGen (ABI Research’s emerging technologies research incubator), “Incorporating nanomaterials into wind turbine blades can make them stronger, lighter and more durable, so they last longer while generating more electricity.”

The Energy Information Administration (EIA) of the US Department of Energy (DOE) expects world energy consumption to grow 44% from 2008’s 283 quadrillion BTUs to 678 quadrillion BTUs (7.15 exajoules) by 2030. This increase will be driven by growing energy demand from developing nations such as China and India. Concurrently, the monetary and environmental costs of fossil fuel-based power are making it necessary for governments around the world to shift electricity production to alternative forms of energy.

Fisher observes that, "The addition of nanomaterials to the manufacturing processes makes solar cells, wind turbines and fuel cells cheaper to produce, while improving their efficiency in generating electricity. These factors together make even more convincing the argument that we need to move our electrical production away from fossil fuels and increasingly toward renewable sources."

ABI Research anticipates that between 2010 and 2015 new solar photovoltaic installations and new wind installations implemented over the forecast period will total 652 GW (Gigawatts) of new energy production. Fuel cell shipments will total more than 35 million units over that period as well, indicating that sector is on the cusp of global commercialization.

A new study by ABI Research, “Nanotechnologies for Green Power Generation” examines how the use of nanotechnology and nanomaterials in the production of solar (photovoltaic) cells, wind turbines and blades, and fuel cells, can increase these products’ efficiency in generating electricity, as well as reducing manufacturing costs and improving durability.

It is part of the firm’s
Energy and Clean Technology Research Service.

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.