Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
マツダ、樹脂の使用量を30%削減できるプラスチック成形技術を開発
2008年09月09日

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、車両軽量化の技術として、自動車用に使われるプラスチック部品の質量を大幅に削減できるプラスチック成形技術 を開発した。この製造技術により、材料となる樹脂の使用量を約20−30%削減でき、大幅な材料軽減、軽量化を実現することが可犯なる。

自動車プラスチック部品の主な製造法でb骼ヒ出成形法において、材料となる樹脂に混ぜる発泡剤に、窒素や二酸化炭素などの一般的な不活性ガスを超臨界流体*1化させたものを利用し、超臨界流体の、物質に分子レベルで混ざりやすい特性を活かし、溶かした樹脂の流動性を高め、より少ない材料を金型内に速く広範囲に充填することができるようにした。

また製造工程においては、材料となる樹脂量を減らしても製品の厚みを増すことができるコアバック膨張成形*2を採用することにより、製品の強度・剛性を確保するための気泡をミクロに制御した楓ハ層と、気泡の大きさを任意にコントロールし低密度化させた中心層の複層国「を形成することに成功した。

この独自の技術により、従来よりも大幅に少ない材料で軽量化を実現すると同時に、発泡していない従来部品と同等以上の強度と剛性を確保したプラスチック部品を成形することができる。

このプラスチック発泡成形技術は自動車に使用されるほとんどのプラスチック部品に展開可狽ナb閨Aさらにコアバック成形工法の制御によりプラスチック部品の発泡国「を自由に設計できるため、断熱性や音響特性などの部品の機煤i付加価値)を高めることができる。
また、従来用いられてきた化学発泡に比べても、より環境負荷が少なく、リサイクルも容易な樹脂発泡成形技術である。

【コアバック膨張成形工法】

コアバック膨張成形工法

超臨界流体を発泡剤として
混ぜた溶解樹脂をすばやく
広範囲に金型に注入
一定時間後にコアバック
(金型を引く)することにより
複層国「を形成


*1 超臨界流体: 臨界点と呼ばれる物質によって固有の温度・圧力以上の状態にb髣ャ体のこと。気体の拡散性と、液体の溶解性の両方の性質をもつ状態。
「超臨界流体化」した窒素や二酸化炭素は気体状態よりも樹脂に溶解しやすい特性を持ち、微細で均一な発泡形成を行うことが出来る。(常温、常圧ではほとんど溶けない)
*2 コアバック膨張成形: 発泡性の樹脂を金型に充填した後に、金型の容積を拡大して樹脂を膨張発泡させる工法。

見かけ体積を増加させ、低密度でb閧ネがらも剛性のb髏ャ形品が得られる。

(情報源:マツダ株式会社プレスリリース)


営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.