Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
エネルギー・ハーベスティングと再生可能エネルギー
2011年03月21日

福島第一原発の事故により、我が国の原子力政策は見直しが必須な状況です。
温室効果ガス排出量削減のために、再生可能エネルギー開発が推進されることが予想されます。
 エネルギー・ハーベスティングと再生可能エネルギーとの関連について少しコメントします。
 エネルギー・ハーベスティングは、周りの環境からエネルギーを「収穫」し、電力に変換する技術です。 広くとらえると、風力発電や太陽光発電、水力発電なども、含まれることになります。
 現在、注目が高まっているエネルギー・ハーベスティング技術は、小型の電子機器向けの自立電源向けの用途であり、その発電量は、μW〜mWのオーダー、せいぜい1W程度であり、原子力発電所の代替電源となるようなものではありません。 しかしながら、エネルギー・ハーベスティング技術の発電原理と再生可能エネルギー発電の発電原理には、共通で使える可能性があるものもあります。発電量が数ケタ違いますし、評価の基準等違いますので、同じものがそのまま使える可能性は必ずしも高くありませんが、開発をある程度共通化することも可能ではないかと思われます。


 それにしても、福島第一原発は、厳しい状況が続いています。 放射線量のモニター値(空間線量率)等には注意を払う必要がありそうです。


情報源: WBB最新情報 NTTデータ経営研 シニアスペシャリスト 竹内 敬治
http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/191757982.html#more

関連記事:

2010年の再生可能エネルギー技術ブレイクスルーTop10[2011/01/03 17:42]
MITが量子ドットを利用した高効率の熱電発電技術を開発[2009/11/23 20:39]
SolarEdgeとIsofotonが共同で高効率太陽電池システムを提供[2009/09/27 22:23]
海水と淡水で塩分濃度差発電:オランダで実用化するか?[2009/04/26 22:18]
海からエネルギーを収穫  波力・潮力・温度差発電のいろいろ(1)[2008/10/10 19:34]
営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.