Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
Pike Research社,炭素管理ソフトとサービス市場の分析と予測に関するレポートを発刊
2011年06月16日

増加する温室効果ガス(GHG) 排出を伴う昨今のエネルギー需供給の動きは、経済性、社会性、環境性を考えたとき、非常に問題であることは言うまでもない。 

International Energy Administration (IEA)によると、米国政府は温室効果ガス排出は2030年までに、50%まで増加と推測している。エネルギー・燃料の、輸送、建設、電力の儒供給などにおける効率が改善されたとしても、依然として2030年までに35%の増加が見込まれる。

IEA は、2008-2020までの期間に、1990-2008の期間と比べ2倍の効率で、CO2が減少しなくてはならず、また、同じく2015-2020に、4倍のスピード減少させる必要があると主張している。 いずれにせよ、多くの産業界やエネルギー関係の専門家が地球規模で各国政府による管理体制や政策の変更を急がなくてはならない。来る20年、低炭素化技術開発と炭素管理を同時に実践していくことが非常に重要なポイントとなっていくだろう。


炭素管理ソフトとサービス市場の分析と予測 : 進化する炭素管理業界と企業向けエネルギー管理とのコンバージェンス
Carbon Management Software and Services :
The Evolving Carbon Management Industry and its Convergence with Enterprise Energy Management: Market Analysis and Forecasts

Pike Research 社より発刊されたこの調査レポートは、世界の炭素管理ソフトウェアとサービスの動向を地域毎に調査し、2010年から2017年までの市場規模予測と成長予測を地域毎および多様なサービスセグメント毎に行っています。また、主要炭素管理ベンダのSWOT分析を含む市場勢力図を掲載しています。


http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikecmss11.htm

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.