Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
「グローバル・ハイブリッド・センター」稼動開始 〜ダイムラー・トラック部門のハイブリッド開発センター誕生〜
2008年08月27日

三菱ふそうトラック・バス株式会社(以下:MFTBC)は、本日、去る8月1日にダイムラー・トラック部門のハイブリッド開発拠点としてMFTBC内に設立した「グローバル・ハイブリッド・センター(以下:GHC)」を公開しました。

ダイムラー・トラック部門がGHCを設立した狙いは、これまでメルセデス・ベンツ、ダイムラー・トラック・ノースアメリカ(DTNA)、MFTBC 各社に分散していたハイブリッド開発部門を一箇所に統合することで、情報の一元化・共有化を図り、開発効率を高め、トラック部門内の開発業務にシナジー効 果を生み出すことにb閧ワす。

今回の組織統合により、ダイムラー・トラック部門のハイブリッド技術開発に関する方針、人員、情報はGHCに集約され、世界市場を視野に入れた新たな開発体制が整います。
GHCのトップにはMFTBC開発本部統括部長の秋川文雄(bォかわふみお)が就任、日米欧で50名の専任エンジニアが配属されます。そのうちMFTBC は専任エンジニアを倍増して35名体制とします。また、地域により法規制やニーズが異なることや、従来通りお客様と緊密な関係を維持していくため、 MFTBC(川崎)に全メンバーを集結せずに、欧米各社にも一部エンジニアを配置します。

昨年11月、ダイムラー社は「未来輸送を形成する(Shaping Future Transportaion )」と題し、今後の商用車の開発方針を発浮オました。ダイムラー社はグループ企業が協力して商用車の燃費向上と排出ガスの大幅低減に精力的に取り組み、世 界の商用車業界をリードしていくことを宣言しました。具体的には、クリーンで燃費効率の高い“ハイブリッド”をディーゼルエンジン代替駆動技術の主役に位 置付け、世界で市販中の車両、実証試験中b驍「は試験前の車両等10数台を披露しました。こうしたダイムラー社の開発取り組みを一括指揮するのがGHCで b閨Aハイブリッド開発分野でトラック部門を横断する初の組織となります。

MFTBC開発本部長のアイケ・ブームは「MFTBCにとって、ダイムラー・トラック部門のGHCが同社内に設立されたことは大変意義深いことで す。これは、10年以上のハイブリッド技術開発の歴史がb驍アと、大型路線バスや小型トラック“キャンター”のハイブリット車を量産・販売した実績がb ことがトラック部門の中で高く評価されたからです。

今後、商用車のハイブリット市場は拡大していくでしょう。それと共にこのハイブリッドセンターも世界中からエンジニアが集まり、より一層重要な役割を果たすことになると確信しています」と述べました。

MFTBCではハイブリッドトラックの海外進出を視野に入れて活動を展開しています。昨年11月、小型トラック「キャンター エコ ハイブリッド」の実証試験を英国(ロンドン)で開始することを発浮オました。今年1月のDHLへの納車を皮切りに、この8月までに10台の納車が完了しま した。今後3年にわたりお客様の用途に合わせて、車両性狽フ評価をするための大規模な公道試験を行います。また、欧州のモーターショーに「キャンター エコ ハイブリッド」を積極的に出展する方針で、今年4月の英国バーミンガムモーターショーに続き、来月9月にはドイツのハノーバー国際モーターショーに出展し ます。


(情報源:三菱ふそうトラック・バス株式会社プレスリリース)
営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.