Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
2020年までに、985億ドルへと成長するグリーンケミストリー産業
2011年06月23日

化学分野での環境適応への取り組みは、非常に幅広い。本質的には様々な問題への対応が求められる為、狭い定義ではとらえきれず、「魔法の杖」というような解決もありえない。対策を求められている問題には、危険で無駄の多い生産過程や、ますます高価になる石油への高い依存から、よく知られるようになってきた、長期的には人間や生物の成長に影響を及ぼす有害物質の環境への持続的な影響などがある。グリーンケミストリーは、この幅広い課題に対する対応を拡大するものである。

米国の環境エネルギーなどのグリーン技術関連市場の専門調査会社 パイクリサーチ社の調査レポート,


グリーンケミカル市場調査:バイオ化学品、再生可能原料、グリーンポリマー、低毒性化学製剤と地球にやさしい化学産業Green Chemistry:Bio-based Chemicals, Renewable Feedstocks, Green Polymers, Less-toxic Alternative Chemical Formulations, and the Foundations of a Sustainable Chemical Industry」は、

2011-2020年に28億ドルから985億ドルまで成長するだろうと報告している。


「グリーンケミストリー市場は、多くの技術が研究段階や試験段階にあり、しかも今後数年間はプラントの規模もそれほど大きくなく、いまだ揺籃期にあるといえる。しかし、グリーンケミカル企業は既存の大手の化学市場を対象としており、これらの製品の採用は、市場の成長が小さいからというよりも、むしろ実際の市場に提供する際のコストや性能の面で要求される水準を満たすという点で、限定的であるだろう」とパイクリサーチ社の社長Clint Wheelock氏は語る。


この調査レポートは、グリーンケミカル市場を3つのセグメント(現行の化学薬品製造での廃棄物の最小化、既存の化学製品からグリーン製品への変更、化学製品と材料の製造において環境負荷をより低くすることを目的とした再生可能原料の利用)に分け、調査しています。それぞれのセグメントの代表的な企業のプロフィールと、2020年までの地域別の世界市場予測を掲載しています。

http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikegchem11.htm

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.