Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
スマートグリッドITの世界市場は2017年に86億ドルに達するだろう
2012年05月31日

スマートメータや配電自動化システムなどのスマートグリッド・インフラには、数十億ドルの投資がなされている。しかしながら、スマートグリッド技術によって実現する、膨大なデータを収集、管理、分析する公益企業向けのITシステムへの投資が並行してなされなければ、この投資の真価は発揮されない、という認識が高まっている。この20年間、金融、通信、小売り企業が行ったように、エネルギー企業もまたデータと情報管理に注力しなければならない。このような認識によって、スマートグリッドのソフトウェアとITサービスへの注目が高まり、投資も拡大していくだろう。

米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート

スマートグリッドITシステムの市場分析と予測:公益事業者のITと業務用システム、ソフトウェアとサービス、ビジネス促進要因、政策動向、サプライヤ情報 - Smart Grid IT Systems:Utility IT and Operational Systems, Software and Services, Business Drivers, Policy Trends, Supplier Profiles, Market Analysis and Forecasts」は、

世界のスマートグリッド向けのソフトウェア市場は年平均成長率15.5%で成長し、2012年末に13億ドル、2017年には29億ドルに達するだろうと報告している。

「公益企業が、ネットワーク効率を改善するための新しいデータソースを開拓するのに伴い、ネットワーク運営を改善するためのITが重要性を増している。大規模情報管理、リアルタイムデータ解析、スマートグリッドの管理、モニタリング、統御のクローズドルームループシステムへの移行などに基づいた新しい機能が登場している」と調査担当重役Eric Woods氏は語る。

多くが公益企業分野に新規参入してきた既存のITベンダ、機器プロバイダ、新規の技術ベンダの組合せによって、この市場は非常に活発になっている。それは、ITと運用技術ベンダの間の不明確な位置取りにも反映されている。IBMやヒューレットパッカード、オラクルなどのIT大企業は、運用管理の分野にまで拡大しているが、ABB、シーメンズ、シュナイダーエレクトリックなどのグリッドインフラサプライヤは、自社のIT機能を強化させている。このような市場勢力図は、正面切っての対決というよりはむしろ提携や協力の重要性を模索する方向に変化していくだろう。

この調査レポートは、スマートグリッドITの現状を分析し、スマートグリッドITがどのように変化するかを理解するためのモデルを提供している。MDM、CIS、DMSデータ解析などのスマートグリッドITの主要要素の連携を分析し、停電管理や資産管理などの応用分野に注目している。2017年までの、アプリケーション毎と世界の地域毎の、スマートグリッド用ソフトウェアや関連サービスの市場予測と、主要企業の概要を記載している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikesgit.html


Billions of dollars are being invested in smart grid infrastructure, including smart meters and distribution automation systems. Recognition is growing, however, that the true value of this investment can only be realized by a parallel investment in a new generation of utility information technology (IT) systems that can help collect, manage, and analyze the vast amounts of data generated by smart grid technologies. Energy companies must become as focused on data and information management as other industries, such as finance, telecommunications, and retailing, have become over the last two decades. This recognition is leading to a new focus on, and increased investment in, software and IT services for the smart grid. According to a new report from Pike Research, the global smart grid software market will be worth $1.3 billion by the end of 2012 and will reach $2.9 billion by 2017, growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 15.2%. The total software and related IT services market is forecast to reach $4.3 billion by the end of 2012 and grow to over $8.6 billion by 2017, with a CAGR of 15.5%.

“IT is becoming an important part of the transformation of network operations as utilities exploit new data sources in order to improve network efficiency,” says research director Eric Woods. “Siloes of operations are being broken down, and new capabilities are emerging based on large-scale information management, real-time data analysis, and the move to closed-loop systems for managing, monitoring, and controlling the smart grid.”

This dynamic market is marked by a mix of established IT vendors (many of them new entrants in the utility sector), equipment providers, and startup technology providers. It also reflects an uncertain jostling for position between IT and operational technology (OT) vendors. IT giants such as IBM, Hewlett-Packard, and Oracle are expanding further into areas of operations management, while grid infrastructure suppliers such as ABB, Siemens, and Schneider Electric are beefing up their IT capability. This is not so much a head-on clash as a gradual reshaping of the landscape, in which partnerships and collaboration will be as important, if not more important, than direct competition.

Pike Research’s report, “Smart Grid IT Systems”, examines the state of smart grid IT and provides a model for understanding how smart grid IT is evolving. The report analyzes the relationship between key elements of the smart grid IT landscape, including MDM, CIS, DMS and data analytics and looks at application areas such as outage management and asset management. Market forecasts for smart grid software and related services, segmented by application and world region, are provided through 2017 and key industry players are profiled in depth.

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.