Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
City Labs社が,トリチウム燃料のマイクロ燃料電池を発売
2012年06月18日

2012年6月4日、米国City Labs社は、トリチウムを燃料とするマイクロ原子力電池NanoTritiumを発売したことを発表しました。 以前の記事で、Widetronics社の原子力電池を紹介しました。 25年使えるマイクロデバイス用の原子力電池 [2009/12/13 19:23]


Widetronics社の製品はSiC半導体を使っていましたが、City Labs社の製品は、GaP(リン化ガリウム)を使っています。
SiCもGaPも、バンドギャップの広い半導体で、トリチウムのベータ崩壊で放出される電子の運動エネルギーを効率よく回収できるとのこと。 マイクロ原子力電池を開発する他社が使っている半導体は、Qynergy社がSiC、BetaBatt社がシリコンです。 バンドギャップも重要ですが、電子が放出される方向を制御できないベータ崩壊から効率的に発電するには、3次元的な形状も重要と思われます。

City Labs社のプレスリリースには、寿命は20年以上と書かれています。エネルギーの放出機構が安定しており、デバイスは単純な構造で可動部もないので、動作温度も-50℃〜+150℃と広く、化学反応を利用する一次電池よりも長期的に信頼性の高い電源となります。 プレスリリースに書かれているModel P100aという製品のスペックは公開されていませんが、P100およびEOL20KY15というモデルのスペックはウェブサイトにあります。


・P100は、電圧が0.7Vで、出力は初期が75ナノワットで20年後が24.3ナノワットです。
・EOL20KY15は、電圧が3Vで、出力は初期が50マイクロワットで20年後が16.2マイクロワットです。
(12.3年の半減期で減衰します)


P100だと出力が小さすぎますが、EOL20KY15のようなスペックであれば使いやすいです。

用途は、主に軍用ですが、放射線取扱免許を持たないユーザも購入できるとのこと。 放射線障害防止法に基づく規制値以下であれば日本でも使えるでしょうか。 (軍事技術なので、米国側に輸出規制があるかも知れません)


情報源:WBB 最新ニュース NTTデータ経営研 シニアスペシャリスト 竹内敬治

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/275731201.html



参考情報:
City Labs, Inc. Releases First Commercially-Available Betavoltaic Product
(2012年6月4日、City Labs社プレスリリース)
Qynergy社ウェブサイト .
Beta Batt社ウェブサイト .
Widetronics社ウェブサイト .

関連記事:

25年使えるマイクロデバイス用の原子力電池 [2009/12/13 19:23]



一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.