Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ルノー・日産アライアンスと横浜市、ゼロ・エミッションに向けた次世代交通システムの検討に合意
2008年11月05日

ルノー・日産アライアンスと横浜市は5日、横浜市が進める「環境モデル都市」*の実行計画において、横浜市にふさわしい次世代交通システムの検討を開始することで合意し、覚書に調印した。今回のパートナーシップでは、CO2排出量の低減に向け、横浜市中心部および周辺部それぞれのエリアに対応した幅広い施策の検討を進めていく。

本パートナーシップにおける主な検討内容は、以下の通り。

1.環境に配慮したエコ運転の普及に関すること
2.渋滞改善に資する経路案内システムの実証実験に関すること
3.環境に優しい電気自動車の普及に関すること
-(1)電気自動車の普及を促進する優遇制度の検討
-(2)充電インフラ整備に関する検討

日産は2006年9月より、ITS(高度道路交通システム)の実証実験を横浜市域において実施してきた。同社は都市空間や環境との共生を目指した自動車交通の新たなあり方の研究に関する産学連携を東京大学とすでに始めており、今回も上記検討項目に係る効果の評価及び情報発信に関して同大学の協力を得て進めていく。

今回のパートナーシップに関し、横浜市の中田宏市長は、「環境モデル都市の実現に向けては、質の高い暮らしを楽しみつつCO2の排出を削減できるという創造性あふれるビジョンを市民に示し導くことが重要。横浜市と日産のクロスファンクションによる成果を大いに期待している。」と述べた。

日産の副社長であるカルロス タバレスは、「大都市やその周辺部でのCO2排出量を削減し、持続可能なモビリティの実現にはゼロ・エミッション車の普及が有効な手段であると考えている。我々は日産誕生の地である横浜市との連携により、地域の総合的なCO2排出量の削減に貢献できることを大変嬉しく思う。」と述べた。

ルノー・日産アライアンスは、ゼロ・エミッション車で世界的リーダーになることを目標にしている。横浜市は、ルノー・日産アライアンスとすでに今回同様のパートナーシップを締結したイスラエル、デンマーク、ポルトガル、フランス、テネシー州(米国)と並んで、電気自動車が供給される最初の市場のひとつとなる。

* 横浜市は、08年7月「環境モデル都市」として政府から選定され、「横浜市脱温暖化行動方針(CO-DO 30)に基づき、市民力を源として2025年までに市民一人あたりのCO2排出量の30%以上削減の達成、および「CO2の大幅な削減と脱温暖化な暮らしが魅力となるまちづくり」の実現を目指す。

以 上

情報源:日産自動車プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.