Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米国の熱エネルギー貯蔵の総量は、2020年までに約3倍に増加
2012年09月19日

熱エネルギーを貯蔵しておいて、後に多様な用途のために利用する事を主な目的とした様々な技術である 熱エネルギー貯 (Thermal Energy Storage)は、主にエネルギー利用を低価格の時期に行うピークシフトにおいて、数十年前から実用化されている。TESは、発電のために熱を貯蔵することで、集光太陽光発電プラントでの発電を促進するためにも利用されている。米国の環境エネルギーなどのグリーン技術関連市場の専門調査会社 Pike Research 社(Navigant Consuting のクリーン・エネルギー子会社)の調査レポート;

「世界の熱エネルギー貯?TES)市場:商業ビルのHVAC、地域冷暖房システム、公益事業者とグリッド対応アプリケーション、集光型太陽熱発電(CSP)設備の高温貯 - Thermal Energy Storage:Thermal Storage for HVAC in Commercial Buildings, District Cooling and Heating, Utility and Grid Support Applications, and High-Temperature Storage at CSP Facilities」は、;

エネルギー貯蔵への関心は急速に高まっており、熱エネルギー貯蔵のビジネスチャンスへの道を開きつつあると述べ、TES市場は今後数年間着実に成長するだろうと報告している。米国で既に導入されたTESの容量は、2011年の2.7ギガワット(GW)から、2020年には4.5GW増加して、約3倍の7.2GWにまで成長するだろうと、この調査レポートは報告している。

「現在流通しているエネルギー貯窓Z術では最も容量の大きい揚水式電気貯蔵を除けば、TESは現在利用可能な貯綜{設で最も一般的な形式である。バッテリーなどのその他の貯窓Z術は、TESよりも急速な成長が見込まれるが、TES装置の収益は世界中で上昇し続け、2020年には35億ドルを上回るだろうと予測している」と調査主任のKerry-Ann Adamson氏は語る。

また、、欧州のTES市場は最も急速に成長するだろうと報告している。 EUが、エネルギー効率に関する強力なイニシアチブを発揮し、不安定な再生可能な発電を推進するために、TESの市場には大きな可能性があるだろう。パイクリサーチ社は、欧州の市場での2020年末時点でのTES装置の導入累積は控えめに見ても約19GWとなると予測しており、これは1年あたり2GWずつ新設されるということに等しい。

この調査レポートは、熱エネルギー貯綜s場を分析し、現在市場で主流である、商業ビルの暖房と換気と空調の熱エネルギー貯早A地域の冷房システム(一部暖房システム、地域熱供給、地域冷暖房)の熱エネルギー貯早A発電の損失を防ぐためのタービン入口冷却の熱エネルギー貯早A公益企業とグリッドサポートの熱エネルギー貯早A集光型太陽熱発電施設の高温蓄熱の、熱エネルギー貯蔵の5つのアプリケーションについて記載している。TES技術の比較、TES市場の促進要因と課題の分析、20社以上の主要企業の概要、2020年までの収益と容量の予測も記載している。

http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/piketes.html


一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.