Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
Microsemi、作動電圧1.1〜1.9V、ピーク電流2mA以下の超低消費電力近距離無線モジュールZL70250を発売
2012年10月31日

2012年10月5日、米国Microsemi社は、超低消費電力の無線モジュールZL0250を発売しました。作動電圧は1.1V〜1.9Vで、消費電流は送受信とも2mA以下と、非常に消費電力が低い無線モジュールです。
上の図を見ても分かるように、例えばEnOceanの無線と比較してもかなり消費電力が低くなっています。

無線帯域は920MHz帯を利用でき、(電波法に基づく手続きは必要ですが)、
伝送レートは186kbpsで、音声の伝送にも使えます。
モジュールサイズは2mm×3mmと、チップサイズです。

もとはZarlinkという会社が開発していた無線技術です。
2009年からユーザの評価を受けていて、この度、正式に発売されました。
Zarlink社はMicrosemi社に買収されましたが、ZL70250という製品名に名残りが残っています。

消費電流が2mA以下、というのは条件があって、送信電波強度が-13dBm以下の場合、という条件がつきます(下図参照)。

microsemi2.jpg

送信電波強度は、アプリケーションニーズや使用環境に合わせて、-25dBm〜0dBmの間で調整できます。
100mの距離の通信が13nJ/bitで可能とのこと。

今後、さらに低消費電力の無線技術が開発されていくと思いますが、注目すべき技術かと思います。

情報源:WBB最新情報 NTTデータ経営研 シニアスペシャリスト 竹内 敬治

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/299418343.html


参考情報:
Microsemi Releases Ultra Low Power sub-GHz Radio in Compact Chip Scale Package for Wireless Sensor Applications
World-leading, 2 mA Low-power Consumption Enables Long Battery Life and Miniaturization
(2012年10月25日、Microsemiプレスリリース)
Microsemi、送受信時とも消費電流が2mA以下のRFトランシーバICを発売
(2012年10月2日、Tech-On!)
Ultra-Low Power Short Range Radio Transceivers
(2012年5月、Microsemiホワイトペーパー)

関連記事:
Microstrainが発表した100%確実にデータ通信できる無線通信プロトコルLXRS [2012/06/10 21:17]

IMECとHolst Center、51μWの低消費電力無線通信を実現 [2010/02/14 21:09]
一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.