Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
GM、燃料電池車開発における世界最大規模の市場テストで、米農務省と提携
2008年11月17日

米ワシントン発-米ゼネラルモーターズ(以下GM)は、米農務省(以下USDA)と提携してシボレーの市場化テスト「プロジェクト・ドライブウェイ」を推進していくことを決定した。このプロジェクトは、水素燃料電池車を消費者市場へ促すために企画された世界最大規模となる市場テストである。

今後6ヶ月間、USDA(米農務省)は政府関係者の移動手段として燃料電池車シボレー・エクイノックスを使用、利用者は使用した感想や意見などをGMへフィードバックする。

法務・規制担当ディレクター、キース・コールは、「プロジェクト・ドライブウェイに参加してくれている方々とともに、我々は社内の試験では確認することができない貴重な情報を得ることができる。USDAは、この革新的な市場化テストの結果を踏まえ、さらに水素燃料補給のためのインフラ整備の必要性を明らかにするだろう」と語った。

このUSDAとの提携は、米エネルギー省が行っている水素・燃料電池に関する研究、開発、実証活動の一環である。
燃料供給には、ワシントンD.C.ベニングロードにある水素ステーションを使用する。すでに、このステーションはGMが行っている他の「プロジェクト・ドライブウェイ」協力者も使用している。

「プロジェクト・ドライブウェイ」は、2007年11月にスタートして以来、今までに100台を超えるシボレー・エクイノックスを、政府関係者をはじめメディア関係者、著名人、ウェブサイトにて申込みをした一般消費者に貸与している。現在、この「プロジェクト・ドライブウェイ」は、ロサンゼルス、ニューヨーク、ワシントンD.C.で行われており、今後はヨーロッパやアジアでも展開する予定となっている。

世界最大規模で行われている「プロジェクト・ドライブウェイ」は、様々な燃料解決策を実現するために最新技術を提供することでシボレーの「ガスフレンドリー(低排出ガス)からガスフリー(排出ガスゼロ)」戦略への重要な一面になっている。

以 上

情報源:GMプレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.