Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
2020年までに採用される再生可能エネルギーや代替エネルギーを使用するオフグリッド・リモートセンシング電力システムは毎年約27,000
2013年02月18日


オフグリッド電力市場の成長は、石油やガス産業用のLIDAR(ライダー、Light Detection And Ranging)やSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)システムと、環境用途のテレメトリ(遠隔測定)を使用する遠隔モニタリングなどのリモートセンシングシステムに見てとれる。これらの電力は、燃料電池や高度バッテリなどの再生可能エネルギーや代替電源によるものが増加している。米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社(ナビガント社のエネルギー部門)の調査レポート

リモートセンシングアプリケーション向けオフグリッド電力:遠隔センシング、モニタリング、LIDAR、SCADAの設置向け再生可能エネルギーと代替エネルギー − Off-Grid Power for Remote Sensing Applications: Renewable and Alternative Energy Sources for Remote Sensing, Monitoring, LIDAR, and SCADA Installations は、

再生可能エネルギーや代替エネルギーによるリモートセンシングシステムは、2020年まで年間出荷数2万7000で増加するだろうと報告している。

「リモートセンシング用途のオフグリッド電力システムは、電力と性能を同時に何か月もの間提供できるような自律型であることが一層求められるようになっている。川の水位観測所、地震や津波の監視サイト、測候所などの用途もあるが、一番大切なのは、多くの遠隔環境で頻繁な検針と出力が必要となる石油やガス産業のエンドユーザである」と調査主任のKerry-Ann Adamson氏は語る。

この調査レポートは、この市場に貢献する産業は小さく、分断していると述べている。ひとつのソリューションが市場を独占するというような状況ではない。現在、テレメトリ用のこれらのサイトに十分な電力を提供する技術の発展は、バッテリ寿命を延長するトリクル充電(弱電流充電)と長期の場合のバッテリ交換の2つの方法の組合せである。この新しいシステムの目的は、サイトを1年以上自律的に運用することである。

この調査レポートは、再生可能エネルギーや代替エネルギーのリモートセンシングシステムの市場を調査し、遠隔センシング、LIDER、SCADAシステムに注目している。再生可能エネルギーや代替エネルギーシステムの利用の市場促進要因と阻害要因を詳述し、特に石油とガス産業での独自の要因についても記載している。出荷数と収益を、用途毎に2020年まで予測している。主要企業の概要も記載している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikeoprs.html

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.