Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ウィーン工科大学、航空機用無線センサーを開発
2013年03月25日

ウィーン工科大学が、EADSと共同で航空機の機体用無線センサーを開発しましたが、その無線センサーのエネルギー源は、機体内部と外気温との温度差です。


高度1万メートルを飛行中のとき、外気温はマイナス50℃ぐらいにはなりますので、機体内部との間に大きな温度差が生じます。 この温度差を利用して熱電発電で電力を得ます。

熱電発電では、温度差をいかにキープするかがポイントです。ウィーン工科大学のグループは、相変化による蓄熱が可能な物質を使って、温度差を維持するしくみを作りました。具体的には、水を使いました。

下の写真は、ちょっとみにくいですが、10ccの水タンクがつけられていて、この水と外気温との温度差で発電します。そのうち、タンクの水は凍ってしまいますが、完全に凍るまでは0℃をキープします。 地上に降りてからは、この凍った氷が溶けるまでは、0℃をキープしますので、やはり外気温との温度差をキープできます。

(もし、たまたま地上の気温が0℃だったら発電できませんが、そのときはどうするのでしょう)

eads2.jpg

EADSは、エアバスの親会社です。
今回、実機で初めてテストされたとのことです。
エアバスの旅客機に搭載される日も遠くないかもしれません。

情報源:WBB 最新情報 NTT Data経営研 シニアスペシャリスト 竹内敬治

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/351484377.html


参考情報:
TU Wien entwickelt kabellose Flugzeug-Sensoren
(2013年3月13日、Future zone)

関連記事:

「環境に優しい航空輸送」がテーマのエアバスのコンテスト [2013/02/24 21:00]
エアバス社が2050年の旅客機のコンセプトを発表 [2011/06/19 10:15]

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.