Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
生物でゴミ中の有機物を分解しエネルギー源とする掃除ロボットLimbo
2013年04月15日

掃除用品を販売するCasabella社が創立25周年を記念して発表したコンセプトロボットです。 2013年3月2〜5日にシカゴで開催された展示会International Home + Housewares Showに出展されました。


ゴミを燃料に自家発電するロボットですが、発電の方法が、ちょっと凝っています。

fc2.jpg

まず、嫌気性の微生物が、糖分を分解して、電子と水素イオンを作ります。

微生物燃料電池(MFC: Microbial Fuel Cell)は、陰極で電子を回収し、陽極で酸素と水素を化合させます。
このロボットが使っているのは、微生物燃料電池とよく似た微生物電解セル(MEC: Microbial Electrolysis Cell)という技術です。
嫌気性の微生物を使って、電子と水素イオンを生成し、陰極で電子を回収するところは同じですが、電極間に少しだけ電圧をかけることで、正極で水素ガスを発生させます。この水素ガスを集めて、燃料電池で発電します。理論的に、0.41Vの電圧があれば、水素イオンから水素ガスを生成できます。微生物が0.2〜0.3Vの電圧を生成するので、あと0.2V程度の電圧をかければ水素ガスが出ます。普通に水を電気分解するときには1.8Vの電圧が必要なので、それよりもずっと少ないエネルギーで水素ガスが作れます。
0.2Vの電圧は、燃料電池からの発電でまかないます。
ペンシルベニア州立大学で研究されている技術で、日本では広島大学などでも研究されています。

このロボットは、まだコンセプト段階で、実用化までには相当時間がかかるでしょう。というか、本気で実用化しようとしているか不明です。この発電方式を使うのは、下水処理場などの方が向いています。

日本語の翻訳記事が、4月1日に出ましたが、エイプリルフールネタというわけではありません。。


情報源:WBB 最新情報 NTT Data 経営研 シニアスペシャリスト 竹内 敬二


参考情報:
Casabella Cleaning Robot Concept by Elliot Cohen
(Tuvie)
Microbial Electrolysis Cell Research
(ペンシルベニア州立大学ウェブサイト)
ルンバを食うか!?ルンバの上位互換機「Limbo」
(2013年4月1日、Appgiga)
ルンバを食うか!?ルンバの上位互換機「Limbo」
(2013年4月1日、アメーバニュース)

関連記事:

かたつむりの体液で発電 [2012/04/08 20:22]
圧電発電とバイオ燃料電池のハイブリッド発電でインプラントデバイスの自立電源化を目指す [2011/10/23 21:16]
自立型ナノデバイスのための、ナノワイヤをベースにしたバイオ燃料電池 [2011/01/10 18:01]
バイオ発電無線タグによる投薬管理システムを開発したProteus Digital Healthが大塚製薬と提携 [2012/07/08 20:34]

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.