Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
世界で展開中の公衆充電ステーションは、48,000以上
2013年04月24日


過去2年以上の間、電気自動車用の充電設備の普及が急速に進んだために、プラグイン ハイブリッド車の販売が増加した。交通機関の電動化による経済的・環境的な利点が実現するには、世界の国や地方の政府がPEVの充電ステーションの採用を促進し、消費者のPEVへの関心を高めることが必要である。 米国調査会社ナビガントリサーチの調査レポート

米国のEVSE追跡調査 2013年第1四半期:技術および地域別電動車両充電インフラ整備 − Electric Vehicle Supply Equipment Tracker 1Q13:Electric Vehicle Supply Equipment Infrastructure Installations by Technology and World Region は、

世界の公衆充電設備は、現在48,705と報告している。

「この新しい市場には、様々な技術やビジネスモデルを提供する多くの企業が登場し、多大な公共投資によって市場を先行しようとしている。 またこれらの企業の成長を予期して、EVインフラへの巨額の民間投資も行われている。PEV市場が成長すれば、充電インフラへの政府支援が減少し、EVSE産業の民間投資への依存が高まるだろう」とナビガント リサーチのシニア調査アナリスト Lisa Jerram 氏は 語る。

電気自動車用充電ステーションの公衆ネットワークは、メーカー、公益企業、サードパーティのサービスプロバイダなどの運営によって拡大している。充電スタンドは、国によっても、規模、台数、配置が様々であり、直流・交流技術対応の蓄電システムやバッテリー交換もある。所有者や運用モデルの幅広さは、EVSE産業を反映しており、公衆充電の最善のビジネスモデルのありようは不明確であると、この調査レポートは述べている。この産業セクターの企業は、顧客数や支払金額、ステーション所有の投資に対する収益などについて、いまだ検討中である。

この調査レポートは、EVSE産業の150社以上の主要企業について調査し、公衆利用可能なEVSEユニット総数をセグメント毎、地域毎、技術毎に追跡調査し、米国の公衆と民間の両方のEVSEの商用展開にも注目している。地域毎に、EVSE技術、ビジネスモデル、市場阻害要因について記載している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrtrevse1q.html

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.