Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
タタ・スチール、ABBの熱電発電ワイヤレス温度センサを導入
2013年05月20日

インドの製鉄大手、タタ・スチールが、熱電発電で駆動されるワイヤレス温度センサを導入しました。 2013年5月10日の、ABBのプレスリリースによれば、120℃の蒸気配管につけられた温度センサは、3か月の試験期間中、一度の欠測もなく、また、バックアップ用の一次電池に一度も頼ることなく、稼働したとのこと。

劣悪な環境下で、配線工事の必要なく、また、ケーブルの断線や火災を起こすことなく、安定して稼働するセンサネットが実現しました。 使用している無線規格はWreless Hartです。通信距離は50mで、メッシュネットワークを構成することができます。


工場内の無線センサネット用の標準無線規格には、Wireless HartとISA 100.11aとがあります。 Wireless Hartはスイスの重電メーカABBが、ISA 100.11aは米国のGEが推進しています。 GEは、ISA 100.11aとエネルギー・ハーベスティングを組み合わせた無線センサネットを販売しています。 工場内センサネット用無線通信規格の統一は実現しませんでしたが、競争によってエネルギー・ハーベスティングの導入が進むことが期待されます。


情報源:WBB最新情報 NTT Data 経営研 シニアスペシャリスト 竹内敬治

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/362401786.html



参考情報:
Energy harvesting technology works ‘like a dream’ at Tata Steel
(2013年5月10日、ABBプレスリリース)



関連記事:

導電性ポリマーの熱電性能が向上 [2013/05/12 21:37]
ウィーン工科大学、航空機用無線センサーを開発 [2013/03/24 20:37]
EETimesが選んだ2012年のエネルギー・ハーベスティング・ソリューション10点 [2012/12/16 22:17]
電池交換・配線不要の実用的窓センサーが量産間近 [2012/09/09 19:11]
英国化学プラントで自立電源型無線温度センサーの試験運用が進む [2012/08/05 20:07]
自立電源で稼働するインテリジェントなコンテナ"Inbin" [2012/04/01 18:56]
ウェイクフォレスト大学の開発するフレキシブル熱電素子「パワーフェルト」の実用性は [2012/02/26 17:49]
英国NanoKTN、英国がナノテクを応用した次世代熱電発電に投資すべきと提

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.