Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
2020年に世界で約100万ケ所となるスマート駐車場
2013年06月24日

都市交通の環境的、経済的な問題に直面し、都市は、駐車場の需給により適切に対応するためには、どこにどのように駐車すべきかを再検討している。新しい技術によって、駐車への新しいアプローチが都市の移動戦略の要となっている。

米国調査会社ナビガントリサーチの調査レポート

スマートパーキングシステム市場の分析と予測:センサ・通信・ソフトウェア技術、スマートシティアプリケーション、都市とサプライヤの基本情報 − Smart Parking Systems:Sensor, Communications, and Software Technologies, Smart City Applications, City and Supplier Profiles, Market Analysis, and Forecasts」は、

世界の路上スマート駐車場は2020年に95万ケ所になるだろうと報告している。

「駐車場産業は、1935年にオクラホマシティに初めてパーキングメーターが導入されて以来、かつてない変革の時を迎えている。それは、より効率的な運用と顧客の期待を高める新しい技術による変革であり、また都市における駐車の役割に対する新たな見解による変革である」とナビガントリサーチの調査主任Eric Woods氏は語る。

わけても、運転者と駐車場経営者の両方が、駐車場のキャパシティを最適化することができることが、スマートパーキングの最終目的である。スマートパーキングのソリューションは、車両センサ、無線通信、データ分析などの多くの技術によって実現化している。スマートパーキングはまた、顧客サービスのスマートフォンアプリ、モバイル決済、車内ナビゲーションシステムなどの革新によっても支えられている。スマートパーキングの主要概念は、接続性、精度、分析、即座に伝えること、駐車場の利用情報の活用などの可用性である。

この調査レポートは、スマートパーキング技術の発展とスマートパーキングシステム市場を調査し、特に路上駐車に注目している。駐車の財政上、環境面、経済性の変化を促進する要因を分析し、様々な地域での対応を査定している。主要なスマートパーキング計画の概要と、スマートパーキングシステムのハードウェア、ソフトウェア、サービスの2020年までの市場規模と成長の予測を行っている。


http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrsps.htm

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.