Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
三菱樹脂と三菱化学、リチウムイオン二次電池用セパレータを共同開発
2008年11月27日

三菱樹脂株式会社(本社:東京都中央区 社長:吉田 宏、以下「三菱樹脂」)と三菱化学株式会社 (本社:東京都港区 社長:小林 喜光、以下「三菱化学」)は、近年大幅に需要が拡大しているリチウムイオン二次電池用のセパレータを共同開発した。

三菱樹脂は、エレクトロニクス分野や新エネルギー分野の部材開発を積極的に進めており、リチウムイオン二次電池用セパレータについては2003年から開発に着手、2006年からは同じくリチウムイオン二次電池用部材(電解液、正極材、負極材)の製造・販売を手がける三菱化学との共同開発に取り組んできた。

既に、三菱樹脂は、長浜工場(脂鼬ァ長浜市)内にセパレータ量産化検討設備を設置して試作品の提供を開始している。今般、量産化に向けてさらに10億円を投資して生産能力を1200万m2/年とし、2009年夏からの生産開始、2009年度中の本格採用を目指す。

生産を開始するセパレータは、三菱樹脂が長年培って蓄積してきた材料設計技術とフィルム製膜技術等を駆使して開発したもので、従来の湿式法と乾式法の課題を改善し、孔の高次構造をコントロールした膜になっており、低温出力、サイクル寿命等の諸電池特性と機械的強度とのバランスの良さが特長。あわせて、電池の安全性に係わる耐熱性をより高めたセパレータも今後ラインナップする計画だ。

一方、三菱化学は、本開発において電池性能評価、市場開発を担当し、既に事業化されている他のリチウムイオン二次電池用部材(電解液、正極材、負極材)に加え、今般セパレータの販売を開始する。

両社は、セパレータの開発・製造・販売において引き続き連携を深めながら、携帯電話、ノート型パーソナルコンピュータをはじめとする携帯用小型電子機器や電動工具等民生用向け用途のみならず、将来需要増が見込まれるハイブリット自動車(HEV)用リチウムイオン二次電池用部材の開発も推進していき、三菱ケミカルホールディングスグループのリチウムイオン二次電池事業の拡大に向けて積極的に取り組んでいく。

情報源:三菱樹脂プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.