Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
骨のひびまで骨粗鬆症治療薬を届ける自走式ナノトラック
2013年09月02日

ペンシルベニア州立大学の研究者が、骨のひびまで骨粗髀ヌ薬を届けることが可能な自走式ナノトラック(self-powered nanotruck)を開発しました。 骨にひびが入ると、そこからイオンが流れ出すために、マイナスの電荷を帯びた分子は、自然とひびに引き寄せられます。

この現象を利用して、骨粗髀ヌ治療薬(ポリ乳酸グリコール酸共重合体 polylactic-co-glycolic acid)を、骨のひびまで届けることができるとのこと。骨折を防止する効果が期待できます。 アレンドロン酸ナトリウムという骨粗髀ヌ治療薬を届けられるようになるのが目標だそうです。 また、この薬を運ぶためのナノトラックとなる合成分子は、FDAの認可済みで医療に広く使われているとのことです。 (医療関係は詳しくありませんので原文を参照ください)

蛍光物質をつけたナノトラックが骨のひびに集まる様子が、観察されています。

bone2.jpg


実用化までには、安全性や有効性の確認など、まだまだ時間がかかります。


情報源:WBB 最新情報 NTT Data 経営研 シニアスペシャリスト 竹内 敬治

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/373650521.html#more



参考情報:
Zeal to Heal: Penn State Researchers Develop Way to Transport Medicine Directly to Cracks in Bones
This article, written by Barbara Kennedy and featuring the work of Penn State chemists, originally appeared in the Centre Daily Times (CDT) on 25 August 2013 in the weekly "Focus on Research" column, which highlights different research projects being conducted at Penn State.
(2013年8月27日、PennStateSCIENCE)

Novel Self-Powered Nanoparticles Developed to Deliver Healing Drugs Directly to Bone Cracks
(2013年8月29日、PennStateSCIENCE)


関連記事:
世界初 ワイヤレス給電方式の心臓ペースメーカー [2011/11/20 17:52]

EETimesが選んだ2012年のエネルギー・ハーベスティング・ソリューション10点 [2012/12/16 22:17]
バイオ発電無線タグによる投薬管理システムを開発したProteus Digital Healthが大塚製薬と提携 [2012/07/08 20:34]

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.