Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
スマートウォーターネットワークは2022年までに年間収益33億ドルを突破する
2013年12月10日

窮地に立たされた世界の水道システムは、スマートウォーターネットワーク技術の採用により拡大する需要、環境問題への対応、漏水による損失の低減、機能効果の向上などへの取り組みが期待されています。 スマートウォーターネットワーク市場は、幅広い分野の新しいプレーヤーにとって好機となり、既存のプレーヤーには彼らのビジネスに新たな機会をもたらすものとなります。

Navigant Research社の新刊レポートでは、「スマートウォーターネットワークの世界市場は2013年の年間収益11億ドルから2022年では33億ドルを超える市場へと成長する」としています。

“水道産業は変化を切望しているが、実行へは保守的で財政面に大きな抑制要因がある。しかしながら、スマートウォーターネットワークは水道産業をITや通信ネットワークといったインテリジェントデバイスを有効活用するデータセントリックビジネスへと展開することが可能な要素をもっている”とNavigant Research社のリサーチディレクターのEric Woodsは語っています。

同レポートでは、急速な都市化が近年においてスマートウォーター市場の革新と成長を促進させるであろうと述べています。40年後には現在の都市に30億の人口増加が見込まれ、その他の基本的なサービスに伴った上下水道のサービスへの要求が見込まれるでしょう。

水道は多くの都市での永続する対応課題であり、既存の都市下にある老朽化した水道施設を交換することは高価で非建設的であるのに対し、新たな水路を確立することがより有益であるでしょう。スマートウォーターネットワークは水源を保護し、既存のインフラ設備を活かしながらサービスを拡張していく役割を担うことができるのです。

本レポート “Smart Water Networks” ではスマートウォーターネットワーク市場 (特に上水道システムについて焦点をあてています)における展開について解説しています。本研究では水道産業からの展開事業(テクノロジー、金融、環境および経済)における促進要因と障壁についての分析結果を提供いたします。

スマートウォーターネットワーク関連製品および事業(水道メーター、スマートメーター、ウォーターネットワーク監視&制御、データマネージメント&分析、通信インフラ)の2022年までの世界市場における出荷数および収益の予測を提供いたします。また同レポートではスマートウォーターネットワークにおける競争状況や各種アプローチの情報を世界の地域ごとに提供し、主要なスマートウォータープロジェクトの事例研究情報についても提供いたします。

http://www.dri.co.jp/auto/report/nvr/nvrswat.html

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.