Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
2021年をピークに、世界の自動車用ガソリン需要は減少に向かう
2014年08月11日

石油に依存する輸送手段は、エネルギーセキュリティ、環境セキュリティ、経済の安定に大きな影響を与えるということが、世界の各国政府機関の共通認識になりつつある。結果として多くの国々が石油消費を減らす規制を導入し、代替燃料を利用した自動車の利用、バイオ燃料使用の義務付け、新車へのより厳しい燃費改善要求等の政策が採択されている。

米 国の調査会社、Navigant Research社(以下ナビガント)が出版した、「Transportation Forecast: Global Fuel Consumption」によると、自動車用ガソリンの消費量は2021年の3,673億ガロンをピークに、その後徐々に減少し、2035年には 3,481億ガロンになると予測している。

ナビガント社のアナリスト、スコット・シェパード氏によると、化石燃料による気候変動が石油削減のための国際協調の推進力になる。そのため、自動車産業は電気、天然ガス、バイオディーゼルを含む様々な代替燃料を使い、結果として地球船体の石油需要に影響を及ぼす。

同社の調査レポートによると、電気自動車市場は堅調に伸びるものの、ガソリン消費削減の決め手になるのは従来の内燃エンジンを使用するガソリン車の燃費効率 向上だ。各国政府の燃費改善基準を満たすために、自動車メーカーは今後とも、エンジンの小型化、車体重量の軽量化、電気自動車の普及に多額の投資を行わざるをえないだろう。

情報源:Navigant Research社プレスリリース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.