Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
スタンフォード大学の研究チームが純リチウム負極に一歩近づく
2014年08月12日

電力貯蔵のために低価格と高効率で小型化した充電式バッテリーを多くの研究者は現在取り組んでいるがスタンフォード大学の研究チームが純リチウム負極に一歩近づいている。同大学の材料工学教授Yi Cuiが率いる同チームはリチウム負極上に相互接続されているカーボンドームのナノスフェア層作りに成功した。同ナノスフェア層は柔軟で非反応性フィルムを利用していることによって不安定なリチウムを保護する。ナノスフェア層は20ナノメートルで化学的に安定した非晶質炭素であるため、充電時に拡張するリチウムに順応できる。ナノスフェア層は電池のクーロン効率を今までの96%(100サイクル)から150サイクルで99%まで高めことに成功している。純リチウム負極の必要な99.9%まで近づいている。

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.