Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
サウジアラビアの国営企業、海水淡水化装置に800億ドルを投資
2014年09月22日

サウジアラビアの国営企業、Saudi Saline Water Conversion Corp(以下SWCC)の発表によると、同社は日量850万立方メートルの淡水を製造するために3,000億サウジリアル(800億ドル)を2025年までに投資する。

SWCCはサウジアラビアで2番目に大きな淡水製造企業で、現在でも日量360万立法メートルの淡水を生産している。

近年、サウジアラビアにおける電力と水の需要は急増しており、同国の豊かなで快適なライフスタイルを支え、灼熱のサマーシーズンを乗り切るためには、新たな淡水製造装置の建設は不可欠のものとなっている。

2年以内に、淡水の生産量を日量360万立方メートルから520万立方メートルに引き上げ、2015年-2025年の間に日量850万立方メートルを達成する必要がある。

総額800億ドルの投資は次の10年の水需要を見込んで計画されたものだが、SWCCは同時に淡水製造装置のエネルギー効率も大幅に改善する(現在のエネルギー消費量から54-55%位減らす)ことを計画している。

SWCCは淡水化装置を稼働させるのに石油換算で日量30万バレルのエネルギーを使用しており、内48-49%を天然ガスで賄い、残りを重油を使って運営している。

直近ではKhafjiのパイロットプラントがまもなく稼働し、日量3万立方メートルの淡水が太陽光発電を利用して生産される。

また年末までにはRas AI Khair造水付発電プラントが完成し、日量24万立方メートルの淡水が新たに生産される。同施設は2,400MWの発電量があり、Maaden(サウジの鉱山会社)が1,350MWの所有権を持ち、残りの1,050MWはSaudi Electricity Co.(サウジ電力)に割り当てている。また同施設は将来的には日量100万立方メートルの淡水を生産できるとうにする計画だ。

情報源:Arabian Business.com

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.