Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
蟻のサイズのIOT(もののインターネット)用無線チップ
2014年09月21日
スタンフォード大学とカリフォルニア大学バークレー校の研究チームが、蟻のサイズの無線チップを開発しました。
無給電で作動します。 エネルギー源は、電波です。通信距離は50cmで、リーダー(親機)からの電波で1.5マイクロワットを供給すれば、作動するとのこと。

チップサイズは、3.7mmX 1.2mm です。24GHzと60GHzの2つの周波数帯を使用します。
65nmのCMOSプロセスで作ることができ、コストはpenniesとのことなので、数円でしょうか。
コスト、サイズ、消費電力などの面でIOT用の無線を目指しています。

原理的に、通信距離は伸ばしにくので、この距離で使えるようなアプリケーションを、
そして量産効果が出るように、大量にばらまくアプリケーションを、考えていく必要があります。

情報源:WBB最新情報 NTTデータ経営研究所 シニアスペシャリスト 竹内 敬治http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/405788320.html#more

参考情報:
Stanford engineers aim to connect the world with ant-sized radiosCosting just pennies to make, tiny radios-on-a-chip are designed to serve as controllers or sensors for the 'Internet of Things.'
(2014年9月9日、Stanford News)


(Stanford大 特設ウェブサイト)


VLSI Circuits Digest of Technical Papers, 2014 Symposium


関連記事:

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.