Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
JALが羽田空港など国内主要13空港に電池レスのiBeacon端末を導入
2014年11月25日

日本航空は、大日本印刷と進めているiBeaconプロジェクトで、国内主要13空港の出発ロビー付近に電池レス(小型太陽電池搭載)のiBeacon端末を設置しています。 iPhoneやiPadの利用者は、JAL Countdownアプリをダウンロードすると、運航状況や搭乗口、搭乗開始時刻などの配信サービスを受けられます。


Apple社のiBeacon(低消費電力無線規格BLE(Bluetooth Smart)を利用した端末接近検知方式)は、100msec毎のビーコン信号発信が必要なため、電池の交換の手間がネックになっています。

バッテリー不要のiBeacon、AirBeaconをポーランドのIfinity社が開発 [2014/09/21 17:34]

で紹介したように、エネルギー・ハーベスティング技術を利用した電池レス化が期待されています。


今回の実証実験では、室内でも使える小型太陽電池として、TDKのフィルム太陽電池(アモルファスシリコン)、エネルギー・ハーベスティング用の電源ICとして、Spansion社の製品が採用されました。

空港でのiBeacon導入は、フィンランドのヘルシンキ−ヴァンター空港が先行していますが(2014年7月に導入)、今後、世界各地の空港で導入が広がると思われます。 iBeaconとエネルギー・ハーベスティング技術との組み合わせが「当たり前」になっていくでしょう。


情報源:WBB最新情報 NTTデータ経営研究書 シニアスペシャリスト 竹内敬治

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/409503999.html


参考情報:
関連記事:
一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.