Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
CES 2015 太陽電池搭載のウェアラブルデバイスが登場 スワロフスキーとmisfitのコラボレーション
2015年01月13日
CES2014では、数多くのウェアラブルデバイスが注目を浴びました。 そして、CES2015では、エネルギー・ハーベスティングで駆動されるウェアラブルデバイスが登場しました。 クリスタル・ガラス製造で各種アクセサリも手がけるスワロフスキーが、エネルギー・ハーベスティング技術を開発し、 ウェアラブルの活動量計を開発・販売するmisfitと協力して完成しました。

もともと、misfitは、消費電力の少ないウェアラブルデバイスで、ボタン電池(CR2032)ひとつで半年間稼働します。
しかし、半年に1回とはいえ、ユーザにとって電池交換は手間です。 一方、スワロフスキーは、2009年、腕時計を開発したものの、1日1回の充電が必要で、充電の手間をなんとかなくそうと、エネルギー・ハーベスティング技術の開発を進めました。

スワロフスキーがエネルギー・ハーベスティング技術を開発、と聞くと驚きますが、理由を聞くと納得します。
太陽電池の発電効率を高めるためには、光を太陽電池に対してできるだけ垂直に当てる必要があります。 そして、クリスタルが、それを可能にします。いろいろな方向から光があたっても、クリスタルで屈折して、太陽電池に集光されます。この、スワロフスキーのクリスタル技術があって初めて、太陽電池によるmisfitの駆動が可能になりました。

このmisfit( "SwarovskiShine")は、1日に、10〜15分、太陽光にあてるだけで、動き続けるとのことです。

情報源: WBB 最新情報 NTTデータ経営研究所 シニアスペシャリスト 竹内 敬治


日本語でもあちこちで報道されていますが、英語のForbesの記事が面白いので、読んでみてください。

参考情報:

関連記事:
一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.