Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
スマートコーティング市場は2020年までに58億ドル規模へ到達する見込み
2015年02月09日

米国調査会社NanoMarkets社の新刊レポート「スマートコーティング市場調査 2015-2022年 - Smart Coatings Markets 2015-2022」は、同社が2010年から行ってきたスマートコーティングの調査について、引き続きその情報を提供している。スマートコーティング市場は2015年に約6億1000万ドル規模となり、2020年には58億ドル規模へ成長する見込みであると同レポートは伝えている。

このレポートでは経済面で重要なセクターになる建設、エネルギー、自動車、医療、家電、繊維、軍事におけるスマートコーティング市場の分析を行う。比較的成熟したスマートコーティング (例えば自己洗浄コーティングなど) 市場に関する調査結果も含んでおり、スマート多層コーティングなどの最新製品についての情報も提供する。 また、出荷量 (平方メートル単位) および収益 (100万ドル単位)の8年間予測とスマートコーティングの全ての主要クラスの他、窒素やポリマーなどの加工材料についても各エンドユーザセクタの予測を行っている。

調査対象企業には、3M、AK Coatings、AkzoNobel、AnCatt、Apple、Autonomic Materials、Axalta、BASF、BioSuma、BigSky Technologies、Cardinal Glass、CHT Group、Clariant、Corning、Debiotech、Dow Chemical、Dow Corning、DSM、Dunmore、Duco、DuPont、GE、Gentex、Hempel、Hypho Technology、Industrial Nanotech、IngeniaTouch、Jotun、Lonza Industrial Solutions、Lubrizol、Microtek Laboratories、nanoShell、Nanovations、Nano Lab、nGimat、NSG、P2i、Pilkington、Pleotint、PPG、Research Frontiers、Ross Technology、Sage Electrochromics、Saint-Gobain、SeePoint Technology、Seagate、Senseg、Silco Tek、Sherwin-Williams、Specialty Coating Systems、SRI、Svaya、SWITCH Materials、Tesla Nanocoatings、Toyota および Valsparが 含まれる。


スマートエアコーティングによる汚れや水の付着抑制効果

三菱電機ホームページ http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2014/0213-b_zoom_01.html より


レポートから

自己修理、自己組織化および自己洗浄のコーティングはかつて目にしたことのない耐用年数や性能の領域へ到達しようとしている。その結果として、それらの次世代製品に市場は更に大きくなることが見込まれるNanoMarkets社では自己修理コーティング市場は2020年までに5億3000万ドルへ到達していくと見込んでいる。

また、NanoMarkets社はスマートコーティング分野の重要な研究開発プログラムは成果をもたらし、新たなスマートコーティング製品および様々な製品クラスを導いてくるであろうとみている。多層コーティングは特に期待が見込まれ、NanoMarkets社ではそれは多機能なスマートコーティングを展開していく最もシンプルな方法とみている。将来的にスマートコーティングは自己修理および自己洗浄機能を引き継いだ太陽光エネルギー発電をもたらしてくるであろう。

モノのインターネットのおかげにより、エレクトロニクス分野におけるスマートコーティングの商業的な可能性はこの数年のうちに拡大しているとNanoMarkets社は考えている。センサーの役割も果たすスマートコーティングなら、広い範囲のセンサーパネルを作り出すことで大きなセンサーデバイスよりもより高い経済効果を生み出していくであろう。現在、エレクトロニクス分野のスマートコーティング販売収益は2020年に2億2500万ドルへ到達することが見込まれている。

しかしながらその一方でNanoMarkets社はエネルギーや環境対応型 (グリーン) ビルディングの分野におけるスマートコーティングの展望は1年前よりも楽観視できない状況にあるという。この新たな状況下にあるスマートコーティング関連企業では窓用の自己調光コーティングをエネルギー節約のためではなく美観やムード照明を目的とする今までとは異なる市場戦略の再編成を行っていかなければならないであろう。


http://www.dri.co.jp/auto/report/nano/nanosmcoating.html

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.