Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
心臓ペースメーカと構造ヘルスモニタリングの自立電源化を目指すEUのsmart-MEMPHISプロジェクト
2015年03月23日
EUのSmart-MEMPHISプロジェクトは、PZTによる圧電発電と、スーパーキャパシタによる蓄電、ASICで開発する電源回路、そしてフラットなパッケージング技術を組み合わせて自立電源システムを開発します。 配線レス心臓ペースメーカと構造モニタリングの2つのアプリケーションがターゲットです。

smartmemphis.png


上の図は、配線レスの心臓ペースメーカのイメージ図です。 通常のペースメーカは、下図のように、心臓の中にリード線を引き回します。振動の動きから発電すれば、電池交換が不要になるだけでなく、この配線が不要になります。

発電機の不具合は人命に関わりますので、高い信頼性が要求されますが、無給電・配線レスの心臓ペースメーカの実現で、この配線手術が不要になる期待があります。 (すでにある同様なプロジェクトとの差異は不明です)

もうひとつのアプリケーションは、構造ヘルスモニタリングです。音響センサ(アコースティック・エミッションセンサ)と組み合わせて、例えば航空機の機体のモニタリングへの活用を目指しています。 (こちらも、すでにある同様なプロジェクトとの差異は不明です)

Smart-MEMPHISプロジェクトは、2014年12月に発足し、活動期間は3年半の予定です。 スウェーデン、フランス、ドイツ、フィンランドの研究機関がコンソーシアムを組み、開発費の820万ユーロ(約10億円)は、EUが全額拠出します。 EUでは、このようなプロジェクトが、他にもたくさん同時に進行しています。 もしかしたら、複数のプロジェクトで成果を競わせるのかも知れません。


情報源:WBB 最新情報 NTT データ経営研究所 シニアスペシャリスト 竹内敬治


参考情報:

関連記事:
一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.