Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
米国のガソリン小売価格は当面変化なし
2015年04月27日

今週、米国のエネルギー省(Department of Energy)がガソリン小売価格の短期予報を発表した。簡単にいうと、DOEは今夏のガソリン小売価格は2009年の夏以降で、最低になると予想されている。

同省によると、4月-9月の半年間のガソリン小売価格は1ガロン当たり、対前年同期のU$3.59から32%減の$2.45になると報じている。

このニュースは消費者にとっては喜ばしいが、全ての人々にとって良いことばかりではない。例えば、電気自動車やハイブリッド車の販売店にとっては、小売ガソリン価格の下落は低燃費車が売れなくなることを意味する。消費者のなかには低燃費車の購入をやめて、パワーのある高燃費車やピックアップ・トラックなどを選択するものもでてくる。石油価格が下がることで、平均的な米国家庭は年間U$700の節約になる。

また、米国自動車協会(AAA)によると、米国の石油価格は、現在1ガロン当たり$2.39で、1ヶ月前より5セント下がっている。


情報源:米国エネルギー省

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.