Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
ボーイングが「ecoDemonstrator」飛行実証プログラムでエネルギーハーベスティング技術を採用
2015年06月22日

2015年6月19日、ボーイング社は、騒音や炭素排出量を削減する新技術を評価する「ecoDemonstrator」飛行実証プログラムを拡張し、エネルギーハーベスティング技術を含む15の新技術の実証を行うことを発表しました。


ボーイング社は、NASAと共同で、2015年3月から757を利用した実証実験を始めていましたが、エネルギーハーベスティング技術の実証を追加しました。 既に就航しているボーイング787の窓には、電気的なシェードの機能がついています。
(たしか、フィリップスの技術だったと記憶していますが記憶違いかもしれません)

今は、このシェード機能のために、窓に配線をしなくてはなりませんが、エネルギーハーベスティング技術で電力を供給できれば、配線が不要になり、機体が軽くなり、CO2排出量も削減できます。 エネルギーハーベスティング技術としては、太陽電池と熱電発電の実証が行われます。 安全性にかかわらない、こんな用途から普及が始まるのでしょう。



情報源: WBB最新情報 NTTデータ経営研究所 シニアスペシャリスト 竹内 敬治

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/421070535.html


参考情報:
Flying with U.S.-made green diesel, "energy harvesting" windows, 3D-printed flight deck component made with 787 carbon fiber
(2015年6月19日、ボーイング社プレスリリース)
(2015年3月19日、マイナビニュース)
関連記事:
一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.