Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
スマート街灯の設置台数は2026年までに7,300万台に到達する
2017年07月18日

(米)Navigant Research社の新しい調査報告書によると、世界のスマート街灯の設置台数は、今後10年間で驚異的な成長をすることが予想され、設置台数ベースで2017年の630万から、2026年には7,300万くらいまで拡大する。

クリーンテクノロジーアナリスト会社Navigant Researchが今週公開した、新しいレポート、「スマートシティのためのスマート街灯」は、世界中のスマート街路照明技術や市場動向の進化を分析し、同技術の将来発展と普及予測を提供する。

同調査レポートは、世界中のほとんどの都市で旧来の照明からLEDに交換することが標準化され、スマートコントロールが普及すると結論付けている。

世界中の多くの都市で新たに、より効率的な照明を、既存の街路照明と交換する時期にきており、このことはネルギー効率化の基準を満たすだけでなく、経済的にも理にかなっている。

Navigant社のレポートによると、LEDは、最も明白な選択肢でありながら、2017年現在、街灯照明に占めるLED照明の割合がインストールベースの2%にすぎず、スマートコントロールについても十分に利用されていない。

しかしながら、世界の設置台数ベースで630万台にすぎないスマート街灯照明は2026年までに7,300万台になる可能性がある。

街灯照明のアップグレードのための技術として確立されたLEDを使用する、スマート街灯照明ネットワークの次のフロンティアは、制御技術とスマートシティの革新のためのより広範なプラットフォームへの移行が急速に進むことだ。

緊急事態の検出、水質モニタリング、電気自動車(EV)充電、トラフィック管理、およびスマート駐車場等のセンサーや技術が付加されることにより、スマート街灯照明ネットワークに多様な新シティサービスが提供される。

スマート街灯照明が使用される背景には市場を動かす多くの要因が存在する。LEDが幅広く受容されるのには大幅なコスト削減と照明品質の向上があったからだ。

一年前、米国の大手LEDメーカー、クリー社は、新しいRSWシリーズのLED街頭照明システムが、エネルギーの効率化だけでなく、ほとんどの街路照明のために必要な温かいぬくもりを感じる色彩を提供できると強調した。

Navigant社のレポートは何故スマート照明の採用が遅れているのか解説し、新しいLEDの設置が進むことで、最も安価にスマートコントロールが達成できるとしている。さらにスマート街灯は将来の年のエネルギー効率化の要件を満たす重要ツールになると予測している。

情報源:Navigant社プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.