Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
伊藤忠商事、ブラジル北部トカンチンス州におけるバイオエタノール生産・販売事業に参画
2008年12月12日

伊藤忠商事株式会社は、Bunge社グループが保有するブラジルのAgroindustrial Santa Juliana S.A社に20%資本参加することで合意、9月19日サンパウロにて株式取得契約書を含む一連の関連契約書に調印し、サトウキビを原料とするブラジルでのバイオエタノールと砂糖の生産・販売事業に参画したことを9月24日に発表した。

本事業は9月24日に発表した同国ミナス・ジェライス州での案件に続き2件目となり、総事業費用は8億米ドル(100%ベース)となる。

2008年12月11日、トカンチンス州知事よりBunge Alimentos S.A.社長/セルジオ・ロベルト・ウォルドリッヒ氏に対して、同州におけるプラント建設を正式に許可するライセンスが授与され、今回の『ペドロ・アフォンソ プロジェクト』では、新たなプラントを建設し、サトウキビを原料として砂糖及びエタノールを製造する予定だ。

本案件も、Bunge社グループが80%、伊藤忠商事が100%子会社であるJBバイオエナジー社(東京都港区)を通じて20%を出資致する。

工場の稼動開始は2010年の予定で、初年度のサトウキビ破砕能力は年間1.4百万トンを見込み、ピーク時には年間4.2百万トンに達する計画であり、また、サトウキビの絞り粕であるバガスを燃料として自家発電を行い、余剰電力はブラジル国内にて販売する予定。

尚、このプロジェクトにより農業従事者・工場関係者あわせて約1400名の雇用が創出される見通し。

【案件概要】

所在地 : トカンチンス州
事業形態 : 新規プラントの建設
事業規模(フル稼働時年間数量) : 砂糖黍破砕能力:4.2百万トン
エタノール : 265千KL
砂糖 : 190千トン
稼動予定時期 : 2010年
砂糖 : 2012年より生産開始
フル稼働 : 2013年〜
出資比率 : Bunge 80%、伊藤忠 20%
輸出港 : サンルイス

情報源:伊藤忠商事プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.