Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
UCBが従来のリチウムイオン電池に変わるマンガンを使用した電池の開発に成功
2018年04月13日
カリフォルニア大学バークレー校の研究チームなどが従来の電池のカソードと比べ、リチウムストレージの能力を50%高く伸ばすことに成功した。バークレー学以外にバークレーラボ、アルゴンヌ国立研究所、マサチューセッツ工科大学などが参加した。現在の電池はリチウムがベースでリチウムイオンは層状構造であるカソードに入っている。層状構造を維持するためにコバルトが需要となっている。今回の研究で層状構造を使用ないカソードが「disordered rock salts」というコンセプトでマンガンが利用され、高エネルギー密度を保てることが可能と分かった。従来のリチウムイオンカソードは1キロあたり500から700ワット時に対し、「disordered」マンガンのカソードがキロあたり1000ワット時だった。Nature誌の4月12号に研究は発表される。
営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.