Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
日産自動車、大規模実証実験「ITS-Safety 2010」に参加
2009年01月07日

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は7日、交通事故低減を目的としたインフラ協調による安全運転支援システムを開発し、官民合同組織「ITS推進協議会」が実施する大規模公道実証実験「ITS-Safety 2010」に参加する。

この実証実験は、東京都の臨海副都心地区にて1月12日より順次実施され、2月25日からは報道および一般向けに公道実走行公開デモンストレーションが予定されている。
同社は、ITS*1を活用した安全運転支援システムやASV(先進安全自動車)等を開発し、これらの技術を搭載した実験車両4台をこの実証実験のために提供することにより、実用化に向けた効果的なサービスやシステムのあり方について大規模な検証を行うとともに、事故低減への効果について定量的な評価を行う。

なお日産は、2006年より神奈川において「SKY(スカイ)プロジェクト」の一環として、光ビーコンを活用したインフラ協調による安全運転支援システムを開発し、一般市民約2000名が参加する大規模な実証実験を進めてきた。その成果を用いた同社のシステムは、2010年度の実用化に向け現実的なシステムとして、この度の「ITS-Safety 2010」の大規模実証実験に採用された。

日産は、これらクルマ対クルマの交通事故低減のほか、クルマと歩行者との交通事故低減も目的とし、歩行者が所持する携帯電話と車両の間での通信を活用した携帯電話協調歩行者事故低減システム等の開発も行っている。同社は今後も「クルマが人を守る」という「セーフティ・シールド*2」という考え方に基づき、「ぶつからないクルマ」づくりを積極的に推進し、得られる知見を総合的に活用し、あらゆる機会を捉えて安全技術の発展を進めていく。

  1. *1 ITS:Intelligent Transportation Systems: 人、道路、車両を情報でつなぐ高度道路交通システム
  2. *2 セーフティ・シールド: 日産独自のより高度で積極的な安全に対するコンセプト。その特徴は通常運転から衝突後まで、状況に応じて常に「クルマが人を守る」という考え方にあり、ドライバーの運転を少しでも危険な状況に近づけないようサポートし続けることに主眼を置いている。


情報源:日産自動車プレスリリース

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.