Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
リチウムイオン電池のストレージ能力を3倍伸ばす実験
2018年06月18日
米国メリーランド州大学(UMD)、米国エネルギー省(DOE)ブルックヘブン国立研究所と米陸軍研究所がリチウムイオン蓄電池電極のエネルギー密度を3倍に増やす可能性のある陰極材料を開発した。今回の研究結果は6月13日のNature Communications誌に掲載している。UMDの化学者Xiulin Fanによるとリチウムイオン電池に使われている商業使用の黒鉛負極の大容量に比較するとアノードの容量は限られている関係でリチウムイオンの密度を高める障害となっていた。UMDの科学者はiron trifluoride (FeF3)を陰極材料として改造し、合成した。さらに化学的置換でコバルトと酸素の原子をFeF3ナノロッドに加えることによって科学者は反応径路を操作しやくすくなった。
一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.