Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
極薄膜がソーラーエネルギーに新しいコンセプト
2019年03月27日

シドニー大学、スウィンバーン工科大学、オーストラリア国立大学(ANU)が共同で太陽エネルギーを吸収できる極薄膜を開発した。開発した極薄膜は太陽熱のエネルギーハーベストィングに応用できる可能性は高いとみている。90ナノメートルの極薄膜はグラフェンを土台に自然な太陽光による急速加熱が可能だ。応用はサーモ光起電、海水淡水化、赤外光源およびヒーターと光学部品などは可能だ。研究チームはグラフェンを土台としたメタマテリアル吸収体の輻射熱性能を実証する2.5cm x 5cmのプロトタイプを開発した。同時にグラフェンを土台にした吸収体を作るためのスケーラブルな製造も提案している。

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.