Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
デンソー、植物由来樹脂製のラジエータタンクを開発
2009年01月19日

株式会社デンソー(本社:愛知県樺J市、社長:加藤 宣明)は、植物の蓖麻(ヒマ)【注1】から抽出した有機化合物を主原材料に使用した植物由来樹脂製のラジエータタンクを開発した。

国内外で販売される一部の車両向けに、2009年春から量産を開始する。


今回開発したラジエータタンクに使用される樹脂は、デュポン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:天羽 稔)と共同開発したものである。蓖麻から抽出した有機化合物に石油を原材料とする有機化合物を加えて化学反応させ、ガラス繊維などの添加剤を加えたもので、植物度【注2】は40になる。ラジエータタンクはエンジンルーム内に搭載され、高い耐熱性および耐久性が要求されるため、これまでは植物由来樹脂の比率が高い材料での製品化は困難だった。


この新しいラジエータタンクは、大気中のCO2を吸収した蓖麻から抽出した成分を主原材料とするため、使用後に燃やして熱エネルギーを回収する場合でも、化石燃料でできた従来製品を燃やした場合と比べ、大気中にあるCO2量の増加を抑制することができる。


また、一部の寒冷地では、凍結防止剤として散布される融雪塩に塩化カルシウムを多く含むため、車両の構造上、搭載部品に塩化カルシウムへの耐久性が求められる場合は、特別な仕様となることから、コストが高くなっていた。今回開発したラジエータタンクは、当該仕様の従来製品に比べて、耐塩化カルシウム性を7倍以上に向上させることに成功し、同時に、安価な蓖麻由来の有機化合物を主原材料とすることにより、コストを低減することができた。


デンソーは植物由来樹脂製ラジエータタンクの搭載車種拡大を目指すとともに、植物由来樹脂の使用製品の拡大を図ることにより、限りある石油資源の使用量を削減し、同時に製品のライフサイクルにおけるCO2排出量の削減と、地球温暖化の抑制に取り組んでいく。


<注釈>【注1】 蓖麻 :唐胡麻(トウゴマ)。トウダイグサ科の植物。種子は蓖麻子(ヒマシ)といい、ひまし油の原料

【注2】 植物度:原材料に占める植物由来成分の割合


情報源:デンソープレスリリース

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.