Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
インドが中国からの風力機器輸入品に関税率の引き上げを検討
2020年08月21日
インド政府が中国からの輸入を制限するために風力タービンや部品に関税率を上げる可能性がでてきた。中国との国境付近での衝突で中国からの機器輸入を抑止する目的でインドが開発業者に対し、中国からの輸入品の依存度を減らすような働きかけを検討している。政府筋によるとインドは国内で生産されている風力タービン機器を推進するため、風力タービン部品や発電機の輸入品により高い関税率をかける検討に入っている。太陽光発電の機器において、インドは機器の8割を中国から輸入しているが、風力タービンは逆に8割はインドで生産されており、中国からの輸入は限れている。風力部品の輸入品にかけている関税は現在5%に設定されている。
営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.