Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
欧州8カ国が連携する圧電素子研究機関ピエゾ研究所(Piezo Institute)
2009年03月24日

ピエゾ研究所(Piezo Institute)をご存知でしょうか。
 
欧州委員会の資金援助で2008年に設立されました。
欧州8カ国の研究機関が連携して、圧電素子の研究を進めています。
 

ピエゾ研究所は、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、デンマーク、スロベニアの産学研究機関の連携で設立されました。
 
資金は、欧州委員会のMIND(Multifunctional INtegrated Devices)プロジェクトが提供しています。
 
ピエゾ研究所では、圧電素子に関する様々な研究を行っています。

例えば、医療用の超音波検査のためのエネルギー変換機(Transducer)は、従来のものよりも小さく、幅広い周波数に対応します。

また、PZTに代わる鉛を含まない圧電物質も探索しています。 PVDF [polyvinylidene fluoride]などです。PVDFは、PZTよりも出力は小さいですが、鉛を含まず、プラスチックなので柔らかいという特徴があります。
 

圧電発電の研究では、米国が研究の歴史も長くベンチャー企業も多いですが、欧州でも政策支援プロジェクトで研究を進めます。
 
日本には、音力発電株式会社はありますが、技術的には先進性はありません。発電床は米国にも欧州にもあります。日本でも、政策支援が必要ではないでしょうか。

参考情報:
Piezo Institute

http://wirelessbroadband.seesaa.net/article/116115976.html#more

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.