Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
エネルギー・ハーベスティングへの関心アジアで増加
2009年03月30日

WBB最新情報が、「エネルギー・ハーベスティング」のGoogle検索順位で1位になったので気を良くしています。

さて、Google Trendsで"Energy Harvesting"を見ると、最近検索頻度が増加しています。また、アジアからのアクセスが非常に多くなっています。


Google Trendsは、Googleでのキーワードの検索頻度を時系列で表示する機能です。

"Energy Harvesting"

2006年以前は、分析できるだけの頻度の検索がありませんでした。

2007年後半からはずっとグラフ表示されているということは、検索頻度が増加しているということです。

さらに、2008年後半から検索頻度が上がってきていることがわかります。日本でも日経コミュニケーションやEE Timesで扱う記事が増えてきた頃です。

注目されるのは、国/地域です。韓国が1位で、以下、インド、シンガポール、台湾と続きます。

都市別では、1位はエネルギー・ハーベスティングの研究で有名なサウサンプトン大学がある英国サウサンプトン市ですが、2位にはソウル、3位にはムンバイが入っています。

エネルギー・ハーベスティングの研究は、米国や欧州で盛んですが、アジア地域でも、エネルギー・ハーベスティングへの関心が高まってきているようです。

日本は、腕時計での製品化では世界に先行したものの、現在は欧米に後れをとっています。

韓国、インド、シンガポール、台湾が、エネルギー・ハーベスティングの研究に乗り出したら、日本はアジア各国の後塵を拝することになってしまうかも知れません。

エネルギー・ハーベスティングの市場がまだ立ち上がっていない今、欧米では政府支援が盛んに行われています。
エネルギー・ハーベスティングの潜在市場は全世界です。日本でも、グローバル展開に向けて、積極的な政策支援が必要ではないでしょうか。


データリソース社 シニア・アナリスト 竹内 敬治


一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.