Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
2013年のネットワーク投資の46%は「グリーン」通信機器に
2009年06月17日

2013年のネットワーク投資の46%は「グリーン」通信機器に

固定とモバイルの両方の通信ネットワークオペレータの運営費用の中で、電力消費は非常に大きな位置を占めている。多くの発展途上国で、通信市場が急速に成長しているが、電力供給は限定的である。同時に、多くのオペレータは、ネットワークの二酸化炭素排出量を減少するという、企業の社会的責任を果たすという方針を採っており、ネットワークインフラベンダは機器の消費電力を削減して、競争力を高めようと取り組んでいる。

米国の地球環境保護関連の市場調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「グリーンテレコムネットワーク調査:エネルギー効率、再生可能電力、固定とモバイル通信ネットワークからのCo2排出削減 - Green Telecom Networks:Energy Efficiency, Renewable Power, and Carbon Emissions Reductions for Fixed and Mobile Telecommunications Networks」は、これらのすべての要因は、今後数年間継続し、世界の通信インフラ市場における「グリーン」ネットワーク機器は、2013年に46%を占める2770億ドルにまで成長するだろうと報告している。

「エネルギー効率の改善は、よりグリーンな通信ネットワークの第一歩である。省電力によって、太陽光発電、風力発電、燃料電池などの再生可能エネルギー源の統合が促進し、より一層効率のよいネットワークアーキテクチャやトポロジーへの道を開くだろう。ネットワークの主電源や非常用電源として、主にディーゼル発電を利用している遠隔地では尚のことである」とClint Wheelock氏は語る。

China Mobile、Cisco、Huawei、Juniper Networks、Nokia Siemens Networks、Telstra、Vodafoneなどのテレコムオペレータや機器ベンダが、グリーンネットワークを推進している。

この調査レポートは、固定と無線の通信ネットワークのエネルギー効率の改善や、二酸化炭素排出量の削減、太陽光発電、風力発電、燃料電池などの再生可能エネルギーの利用等に関する詳細な分析と、ビジネスチャンスや課題を記載している。この市場の主要な企業のプロフィールと、エネルギー効率のよいネットワークインフラへの投資や排出量削減などの予測も記載している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/piktelnetwork09.htm#press

(原文)
“Green” Telecom Equipment Will Represent 46% of Network Capital Expenditures by 2013

June 9, 2009Energy consumption is one of the leading drivers of operating expenses for both fixed and mobile telecom network operators. Reliable access to electricity is limited in many developing countries that are currently the high-growth markets for telecommunications. At the same time, many operators have adopted corporate social responsibility initiatives with a goal of reducing their networks’ carbon footprints, and network infrastructure vendors are striving to gain competitive advantage by reducing the power requirements of their equipment.

According to a new report from Pike Research, all of these factors will continue to converge over the next several years, and “green” network equipment will grow to represent 46% of the $277 billion global telecom infrastructure market by 2013.

“Improved energy efficiency is the first step in creating greener telecom networks,” says managing director Clint Wheelock. “Reduced power requirements will facilitate the integration of renewable energy sources such as solar photovoltaics, wind energy, and fuel cells, while also opening the door for more efficient network architectures and topologies. This is especially true in remote areas where networks rely heavily on diesel generators for primary and backup power.”

Adds Wheelock, some of the telecom operators and equipment vendors leading the charge to create greener networks include China Mobile, Cisco, Huawei, Juniper Networks, Nokia Siemens Networks, Telstra, and Vodafone.

Pike Research’s report, “Green Telecom Networks”, provides a detailed examination of the business opportunities and challenges associated with improving the energy efficiency of fixed and mobile telecom networks, reducing associated carbon emissions, and utilizing renewable power sources such as solar photovoltaics, wind energy, and fuel cells. Key industry players in each category are profiled, and forecasts include energy efficient network infrastructure capex spending and emissions reductions.

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.