Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
グリーンコンピューティング:PCによる環境への影響を緩和、より安全な材料を使用したサーバ、消費電力の削減
2009年07月06日

パーソナルコンピュータとサーバは、非常に大きな電力を消費し、電力消費量動向を悪化させ、汚染の拡大につながる。コンピュータ製品はその本体だけでなく、非効率な製造やパッケージングにも有害物質が含まれ、再使用や再利用物質を使用しないことで環境に悪い影響を与えている。世界、特にアフリカや東欧の発展途上国の埋め立て地に埋められ、大気や地下水源に染み出し、人間、動物、植物に潜在的な健康被害を引き起こしている。

米国調査会社NextGenリサーチの調査レポート「グリーンコンピューティング」は、グリーンPC、グリーンノートPC、グリーンサーバが、PC及びサーバ市場に占める割合が、予測期間中にどれ位増加するかを調査している。2009年には、2490億ドルのPC市場全体の6分の1以下の370億ドルであるが、2013年には全体の3230億ドルの3分の2近くを占める1900億ドル以上となるだろう。


http://www.dri.co.jp/auto/report/ngr/ngrgreenpc09.htm

Personal computers and servers are power hogs that can exacerbate electrical consumption trends, which results in increased pollution. In addition to the products themselves, the inefficient manufacturing and packaging of these products also adversely impacts the environment by using toxic substances, and/or by not taking advantage of reusable or recycled materials. The toxic substances used find their way into landfills around the globe (particularly in developing countries in Africa and Eastern Europe) where they can seep into the atmosphere and the ground water supply, creating potential health hazards for humans, animals and plant life.


This study looks at how green personal computers, netbooks and servers will become an increasing portion of the PC/server market over the forecast period, from less than a sixth ($37 billion) of the $249-billion PC market in 2009, to nearly two-thirds (more than $190 billion) of the $323-billion PC market in 2013.

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.