Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化・ESG
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
世界の分散型の太陽光発電市場は、2012年までに550億ドルに達する
2009年09月17日

2012年までに550億ドルに達する分散型の太陽光発電市場

2009年9月9日
様々な再生可能な発電技術を利用した分散型の発電は、世界の増加する電力需要を満たすための最も重要な方法のひとつである。分散型の再生可能な発電市場では、補助電源規模の太陽光発電システムが最大かつ最重要な分野である。米国調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「分散型太陽光発電市場:補助電源規模の太陽光発電市場の分析と予測 - Distributed Solar Energy Generation:Sub-Utility Scale Photovoltaics: Market Analysis and Forecasts」は、分散型太陽光発電市場は、今後数年間、非常に大きく成長し、世界のシステム収益は年間550億ドルを上回り、2012年には2.5ギガワットに達するだろうと報告している。

「住宅とビジネス向けの太陽光発電は、今は補助金によって推進されている市場であるが、今後数年間は政府や公益企業の補助金などのインセンティブによる規模の経済によってコスト構造が改善するだろうとパイクリサーチ社は予測している。固定価格買い取り制度(feed-in tariffs)などのインセンティブへの依存が少ない欧州では3-5年、米国では5-10年で自立的な市場が実現するだろう」と、調査レポートの著者でアナリストであるDavid Link氏は語る。

分散型太陽光発電は近年、ドイツ、日本、スペイン、米国などの市場で拡大した。パイクリサーチ社は、2011年には小型太陽光発電の普及で米国が最大の市場となり、ドイツを抜くと予測している。欧州諸国の市場も勢いがあり、長期的には中国やインドも重要な市場となるだろう。

この調査レポートは、分散型の再生可能な発電市場の拡大のなかでも、世界の分散型太陽光発電市場のビジネスチャンスを調査している。政府主導の法規制やインセンティブなどの主要なビジネス要因や需要促進要因と、市場の基本的な事項を調査し、2013年までの世界の太陽光発電能力、システム収益、導入価格を予測している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikdissolar09.htm


(原文)
Distributed Solar Energy Market to Reach $55 Billion by 2012

September 9, 2009
Distributed energy generation, using a variety of renewable power technologies, is one of the most important tools for addressing the challenge of meeting the world’s growing electricity demands. Within the Renewable Distributed Energy Generation (RDEG) market, sub-utility scale solar photovoltaics (PV) systems are by far the largest and most significant segment. According to a recent report from Pike Research, the distributed solar energy market is poised for dramatic growth over the next few years, and the cleantech market intelligence firm forecasts that global installed capacity will approach 2.5 gigawatts by 2012, with annual system revenues surpassing $55 billion.

“Residential and commercial solar energy remains a subsidy-driven market, but we expect the reliance on government and utility incentives to subside over the next several years as cost structures improve with economies of scale,” says senior analyst David Link, who authored the report. “The dependence on feed-in tariffs and other incentives will be far lower in Europe within 3-5 years and in the U.S. within 5-10 years.”

Distributed solar PV growth has been spearheaded in recent years by markets such as Germany, Japan, Spain, and the United States. Pike Research forecasts that the U.S. will become the largest market for small solar energy installations by 2011, surpassing Germany. Momentum is also strong in other European countries, and China and India show significant promise in the long term.

Pike Research’s study, “Distributed Solar Energy Generation”, analyzes the global opportunity for distributed solar PV in the context of the broader RDEG market. The study covers key business issues and drivers of demand, including government-driven legislation and incentives as well as market-based factors. Forecasts include worldwide solar energy generation capacity, system revenues, and installed prices through 2013.

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.