Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
二酸化炭素回収とCO2隔離の市場は、2030年に1,280億ドルに達するだろう
2009年12月24日

気候変動に関連する将来の政策について議論するために、産業界と政治的指導者がコペンハーゲンに集結した際に、地球温暖化ガス(GHG)排出の緩和のための、最も注目されるアプローチの1つは、炭素回収と炭素隔離(CCS)にあるとされた。それは、発電所や産業施設などの大きな排出源は、GHGの主要な促進要因であるため、この技術は必要不可欠であり、CCSは地球の温暖化を逆転させることはできなくても、少なくとも遅れさせることができると考えられている。

米国のグリーン関連市場 調査会社 パイクリサーチ社の調査レポート「炭素回収と炭素隔離の市場調査:市場成長要因と阻害要因、技術、主要関連企業、市場分析、将来予測Carbon Capture and Sequestration:Drivers and Barriers, Technology Issues, Key Industry Players, Market Analysis and Forecasts」は、世界のCCSシステムによる収益は、基本的な予測シナリオに従えば、2030年までに1280億ドルに達するだろうとみている。世界の対温暖化政策と産業界のCCS 採用がより積極的に推進されれば、世界のCCSシステムによる収益は、2030年までに2210億ドルに達することも考えられるだろう。しかし、CCSの支持者にとって多くの課題と障害もある。

「今日まで、CCSのある商用規模の発電施設は実在しない。その上、既存と新設の発電施設にCCSシステムを付加する場合、発電コストは50-70%上昇するだろう。新しいCCSの経済的な不確実性の基本的要因の1つは、炭素排出の明確なコストが不明であることだ。この障害は大きな問題ではあるが、パイクリサーチ社は、今後20年間にCCSは急速に成長すると予測している」とパイクリサーチ社の常務Clint Wheelock氏は語る。

この調査レポートは、CCS産業のすべての観点から市場の問題、技術的要因、企業のビジネスチャンスを調査し、炭素回収と、転送や格納の技術を分析している。また、世界のすべての主要な地域の、コストと収入などの詳細な市場予測を提供している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikcarboncs09.htm


(原文)
Carbon Capture and Sequestration Market Could Reach $128 Billion by 2030

December 16, 2009

As industry and political leaders gather in Copenhagen to discuss future policy related to climate change, one of the most high-profile approaches for the mitigation of greenhouse gas (GHG) emissions lies in carbon capture and sequestration (CCS). Because emissions from large point sources such as power plants and industrial facilities are a primary driver of GHGs, CCS is considered by many to be a required set of technologies to slow, if not reverse, the expected rise in the Earth’s temperature.

According to a new report from Pike Research, under a base-case forecast scenario, global revenues for CCS systems could reach $128 billion by 2030. In a forecast scenario that includes more aggressive assumptions for global climate policy and industry adoption, the cleantech market intelligence firm anticipates that the worldwide CCS market could reach as high as $221 billion in the same timeframe. However, the path ahead includes many challenges and barriers for CCS proponents.

“To date, no commercial-scale integrated power plant with CCS exists,” says managing director Clint Wheelock. “What’s more, the addition of CCS systems to both existing and future power plants will likely add between 50% and 70% to the cost of producing electricity.” Wheelock adds that one fundamental cause of uncertainty for the emerging CCS economy is the lack of a clear price for carbon emissions. “While these obstacles are significant, however, we expect rapid CCS growth over the next two decades.”

Pike Research’s report, “Carbon Capture and Sequestration”, examines the market issues, technological factors, and opportunities for players in all phases of the CCS industry, from capture technology to transport and storage. It also provides detailed market forecasts for all the major regions of the world, including costs and revenues.

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.