Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
日産自動車、従来の約2倍の出力を発生する燃料電池スタックを新開発
2008年08月06日

日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座、社長:カルロス ゴーン)は6日、従来の約2倍の出力を発生する新開発の燃料電池スタックを開発したと発浮オた。今年末から車両実験を開始する。

今回開発した燃料電池スタックは、セパレーター*1を従来のカーボン製から薄型の金属製に変更することでスタック全体の大きさを小さくすると共に、膜電極接合体(MEA) *2の改良により発電性狽??繧ウせた。その結果、スタックの体積を従来の90Lから68Lへ3/4に小型化しながらも、出力を90kWから130kWへ1.4倍にすることができた。これは同じ体積のスタックで換算すれば、従来の約2倍の出力が発生していることになる。これにより、燃料電池システムを従来よりさらに大型の車両へ適用することが可狽ノなる。
また、電極の触媒層国「を見直し、白金の使用量を従来の1/2に削減するとともに触媒の耐久性も高めて、大幅な低コスト化と長寿命化を実現した。

同社は、今後も中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム 2010」に基づき、CO2排出量の削減に実効性のある技術、商品、サービスを開発し、市場に投入していく。

*1: スタック内で水素と空気、冷却水を分離する隔壁
*2:電解質膜の両側に電極を接合させた国「体で、電気化学反応を起こす燃料電池の主要部品

http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2008/_STORY/080806-02-01.jpg

(情報源:日産自動車株式会社ニュースリリース)

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.