Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
炭素管理ソフトウエア と サービスの 最大の ビジネス チャンスは、電力事業者に
2010年04月12日

電力事業者は、需給問題や旧弊なインフラの更新コスト、再生可能エネルギーへの投資、変化する環境や規制要件の問題など、多くのビジネスや標準の課題に直面しており、大きな変革の時を迎えている。多くの先進的な電力事業者はこの変革を受け入れ、電力事業産業の環境への影響を削減するための変化の原動力を求めている。

米国の環境エネルギー・グリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート

米国の電力事業分野の炭素管理:炭素管理ソフトウエアとサービスの市場成長促進要因、政策、競争環境、市場予測 - Carbon Management in the U.S. Electric Utility Sector: Business Drivers, Policy Factors, Competitive Landscape, and Market Forecasts for Carbon Management Software and Services」 は、

このような状況の中、電力事業セクターには炭素管理ソフトウエアとサービスの大きなビジネスチャンスがあると報告している。

パイクリサーチ社は、電力事業セクターの炭素管理の世界市場は、2010-2017年に1億4100万ドルから7億8800万ドルまで増加するだろうと予測している。このような市場成長のほとんどは米国市場におけるものであり、2017年の世界市場の44%を占めるだろう。

「電力事業セクターは、炭素管理ベンダにとっての大きなビジネスチャンスをもたらすだろう。多くの主要ベンダの最初の顧客が電力事業者であるということは、偶然ではない」と、パイクリサーチ社のアナリストMarianne Hedin氏は語る。電力事業者の炭素管理の採用は、まず法規制の遵守という要件によって進行するだろうが、運用効率の改善やブランドイメージの向上という要素も動機となるだろう。

しかし、米国の電力事業産業は、炭素管理の採用を検討するにあたり、多くの阻害要因にも直面している。最大の障害は、規制環境の不確定さ、特にアメリカにおけるクリーンエネルギーおよびエネルギー安全保障法(American Clean Energy and Security Act、ACES、気候変動法案)と、最近議会で膠着している温暖化対策基本法案に関するものである。法規制の成り行きがより明確にならなければ、多くの電力事業者は静観の状態を守り、炭素管理に関する多くの動きは遅れることになるだろう。

この調査レポートは、電力事業の観点からの炭素管理を調査しており、主要なビジネス上の問題の分析と2017年までの市場予測を記載している。電力事業者に炭素管理ソリューションを提供している主要なソフトウエアとサービスベンダの概観などの、市場の競争的概観を記載している。

(原文)
Opportunity for Carbon Management Software and Services

http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikcmutil10.htm

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.