Greensurvey.JP HOMEサイトマップお問い合わせFAQ
Greensurvey.JP は、世界のグリーン・tech の情報提供サイトです。(運営・市場調査とコンサルティングの株式会社データリソース)
HOME 市場調査/コンサルティング 提携調査会社 調査レポート ニュース・海外重要トピックス 展示会/イベント リンク集 会社概要 English
市場調査レポートカテゴリ
IT・グリ−ンIT
発電(太陽光・地熱・
  風力・振動 等 )
自動車(電気・水素・
   ハイブリッド)
グリーン・ファシリティ
政策・規制・標準化
材料・NANO・電池
スマートグリッド
ビジネス・その他
エネルギーハーベスティング
 提供サービス
市場調査/
コンサルティング
提携調査会社
調査レポート一覧
ニュース/
海外重要トピックス一覧
展示会/イベント一覧
環境リンク集
会社概要
お知らせ
お問い合わせ/ご注文
   
 
 
   
ニュース / 世界重要トピックス
デマンド・レスポンス市場は、2020年に82億ドルに拡大
2010年05月21日

電力会社がピーク時の電力需要を削減することのできる、革新的な技術とビジネスの連携の組合せによるデマンドレスポンス(DR)は、スマートグリッドの『キラーアプリケーション』であると見られてきた。

デマンドレスポンスには、経済的にも、環境的にも、社会的利益のためにも、大きな可能性があると考えられるが、いまだ揺籃期を脱していない。

しかし、米国の環境エネルギーなどのグリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート

デマンドレスポンス(DR)市場調査:ピーク時の電力使用負荷管理向けアプリケーション(商用/産業/住宅)

Demand Response: Commercial, Industrial, and Residential Applications for Peak Demand Load Management によれば、

デマンドレスポンス市場は2013年には劇的な成長を開始し、安定的な(moderate)予測でも、年間市場は2010-2020年に14億ドルから82億ドルに上昇するとのこと。

「デマンドレスポンスは、本来的にはエネルギー効率化のアプリケーションである。デマンドレスポンスは、技術市場であるにとどまらず、電気に如何に値付けをして販売するかの、真の意味での革新を提供するものであり、このビジネスモデルの重要な点は、顧客がエネルギー管理に参加しなければならないということにある」と、パイク・リサーチ社の調査アナリストJevan Fox氏は語る。

デマンド・レスポンスのビジネスは、商業や産業の分野においては、住宅市場に比べて収益を あげやすいだろうとも、Fox氏は述べている。現在、多くのデマンドレスポンスの専業の企業や、CSP(Curtailment Service Providers、小売事業者・アグリゲータ)が、商業向けや産業向けの市場を推進しており、デマンドレスポンスの成長以上に競争が激化するだろうとパイクリサーチ社は予測している。大手のIT企業やソフトウエア企業、ESCO事業者(建造物省エネ対策を請け負う)、企業のエネルギー管理ソリューションベンダなどの新規参入も見込まれている。

この調査レポートは、商用、産業用、住宅向けのデマンドレスポンスの製品とサービスの市場を分析している。デマンドレスポンスプログラムの効果、法規制、消費者の動機、価格戦略の動向などの市場の課題と市場促進要因を分析し、3つのシナリオによる2020年までのデマンドレスポンスのビジネスチャンスを予測している。


http://www.dri.co.jp/auto/report/pike/pikdr10.htm

一覧に戻る

営業時間:月曜〜金曜 9:30ー18:00
TEL:03-3582-2531 FAX:03-3582-2861 E-mail:info@greensurvey.jp
世界のグリーン・tech の総合サイト:Greensurvey.JP
運営:株式会社データリソース
Copyright (C) 2008 Data Resources, Inc. All Rights Reserved.